ちくま文庫<br> 小さな生活

ちくま文庫
小さな生活

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 209p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480034311
  • NDC分類 590.4
  • Cコード C0195

内容説明

暮らしの方が素敵かどうかは、その人の現実への姿勢なのだ。たとえば、家具をひとつも買わずに、好きでしょうがないグラスをひとつ手に入れて新生活を始めてみる。たとえば、ファブリックの色だけでどこまで部屋を居心地よくできるか知恵を絞る。すべてはひとりひとりの「小さな生活」から始まる。流されず、自分らしい暮らしをつくりたいあなたへのエッセイ。

目次

小さな生活(ニュース!;親切;バランスシート ほか)
ワーズ・ワース(スタンダード;ロケーション;ベイシック ほか)
ホームワークス(インテリア;夢の途中;ものの値段 ほか)
スモール・ラグジュアリ(バスローブ;オブジェ;パーフェクション ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Acha

4
どうもトピックがシマらず終わることが多いので、全体的にいい話っぽいのに今ひとつ余韻残らず、センス良さげな話をふうんと読み進む。 助手席の「世界一小さなキッチン」でサンドイッチを作りながら、カリフォルニアからニューヨークまで車で横断するのは楽しそうだった。…で?と思えば自炊のススメなのだった。「(キッチンは)世界一小さくても世界一大きくてもいい」で終わる。…ええんかーい!わりと終始こんな感じ。ワレ関西人だからかな…。 2019/09/12

Charlie

1
一週間分の下着類と、万能の身軽な服(白いシャツにチノパンといった)、コーディネートを考えて気にいっているパターンを五つくらい(ほとんどカジュアルなんだけど、ひと組だけはフォーマルなもの)、コンパクトに収まる洗面化粧セット、二、三足の靴、フェイスタオルを二枚、レインコートとスカーフ、パジャマ。それらをきれいにトランクに詰めて好きな本を一冊。 一人暮らしをスタートするとしたら、記念にまずはバカラのパーフェクションというウォーターグラスを一つだけ買う。それで水を飲む。ワインも。花も差す。2015/04/26

はるとん

0
安いものを大量に買うのではなくて、安くても自分が気に入ったもの、質がいいものを選ぶこと。2010/07/06

kobayo

0
初読み。1日の終わりに映像と語りで聞きたいような落ち着いた文章の印象。ライフスタイルの参考に。2021/04/25

クロ

0
年明けに買った本を寝かせてながら今日読みきった。読み始めた時はあまりハマらないなぁと感じたが、再び読み始めると、短い文章の中に生活というテーマから滲み出る作者の生き方へのこだわりが小気味いい本だった。1つ1つのテーマが短くまとまっているので、読みやすい。柔らかいようでいて、世の中に対して自分自身の批判の目をしっかり向けている作者の人柄が感じられるエッセイだった。やっぱり本は読むべきタイミングがあるなぁと思わされた1冊2020/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/365246

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。