ちくま文庫<br> 十二夜―シェイクスピア全集〈6〉

個数:

ちくま文庫
十二夜―シェイクスピア全集〈6〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月20日 08時19分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 201p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480033062
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

難破船から生き残ったヴァイオラは身を守るため男装して公爵に仕える。公爵の恋の使いで伯爵令嬢を訪れれば、何と彼女は男装のヴァイオラに一目惚れ。ヴァイオラは公爵が好きなのに…。この全員片思い状態、どうなる?十二夜。それはどんな馬鹿騒ぎも許されるお祭り騒ぎの日。こんがらがった恋の糸は、お手本のような、そしてどこか苦いハッピーエンドへ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

129
読んでいる最中に、ウルフの「オーランド」の冒頭が浮かんできた。エリザベス女王が手を洗うための薔薇水をオーランドが差し出す場面が。解説を読んで納得。1601年1月6日にイタリアからオーシーノという若い公爵がエリザベス女王の宮廷に招かれ、女王は彼を歓待したと。1月6日は顕現日(エピファニー)、いわゆるクリスマスから数えて十二夜、このタイトルだ。1602年にこの作品は上映されたが、これはシェイクスピアが女王のために書かれたとも言われてるらしい。なるほど。そして、これは「ベルサイユのばら」でもあるわね。オスカル!2022/02/21

クプクプ

92
十二夜とはクリスマスから12番目の1月6日の夜のことだそうです。文中に出てくる「言葉というのは、うまいことを言っても、相手に力を利用されて返されてしまう」という表現は当たっていると感じました。ラストもよかったです。解説によると、この作品の登場人物はすべて独身だそうです。また、この「十二夜」はシェイクスピア作品の中では落ち着いて良い作品だと思いました。2022/01/08

KAZOO

91
シェイクスピアの代表的喜劇です。主要出演者はすべて独身で、みな片思いのような感じで劇は進みます。最後はまあ収まるところに収まりハッピーエンドにはなるのですが、少しほろ苦さも感じさせてくれます。このセリフのやり取りを読んでいると、結構男女間の機微のようなものも感じられて若い人には勉強になるのでは、という感想を持ちました。2015/08/07

syaori

67
船の難破で双子の兄とはぐれたヴァイオラが、性別と素性を隠して上陸地の公爵に仕えるところから始まります。彼女は公爵を愛してしまいますが、公爵は伯爵家のオリヴィアに夢中で、そのオリヴィアは小姓姿のヴァイオラに恋をする。この複雑な三角関係に、伯爵家の面々の悪ふざけが絡まって物語が進みます。伯爵家の面々の軽口は地口のような言葉遊びが一杯で、原文ならもっと弾むような会話が楽しめるだろうなともどかしかったのですが、もつれた糸が双子の対面でするりと解ける、鮮やかで晴れやかな大団円には私も「拍手の雨」でした。ヘイ、ホウ!2020/08/12

Miyoshi Hirotaka

36
『スクールランブル』という漫画がある。高校生の片思いの連鎖を丹念に描いたラブコメ。ちょっとした勘違いと勝手な思い込みから片思いがメビウスの帯のように終わることなく続くのが笑える。この元祖ともいえるのが17世紀に書かれた『十二夜』。『ロミオとジュリエット』が次々と死人を出す肉食系恋愛とするならこちらは草食系。船の遭難で生き別れになった兄と妹が、片思いの連鎖に組み込まれる。十二夜とはクリスマス最後のお祝いの日。わが国でいえば十六夜の盆踊りのようなもの。めでたい日にはそれに相応しい楽しい劇が書かれていたのだ。2017/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/537760
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。