ちくま文庫
木村伊兵衛昭和を写す〈1〉戦前と戦後

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 207p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480030511
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0172

内容説明

本書は戦前の沖縄、旧満州に取材した、史料性も高く、また木村氏の個性が早くも濃厚に表れている作品群に始り、戦中から戦後初期さらに高度成長の時代にかけての東京の風景、暮し、そして日本各地での人々の姿を収録。「目で見る生活史」としても、得がたい記録となっている。

目次

沖縄
旧満州
生活 戦前戦中
戦後風景
日本列島

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ホークス

29
戦前〜戦後の生活を撮った写真。沖縄、満州も含む。ビルや工場も結構写ってはいるが、今とは比べ物にならない人力中心の世界。人は実際に触れたものしか理解できないとしても、何かが伝わってくる写真もある。三味線を抱えて歌っているらしきお婆さんには「街の芸人」というキャプション。干潟の大きな船を動かそうと力を込める全裸の男たち。露店、紙芝居など路上の商売と様々な職人たち。人力が正しくはないし、楽ができた方が良い。しかし、人力を蔑む者は搾取する鬼と化す。情報の奴隷になって堕ちるのは、昔話の頃から変わらない。2018/01/02

ふろんた

11
製造業が経済の中心を担う現代は、より良い生活が送れるようになったものの、お金がかかるし、成長・拡大が常に求められる。だが、戦前でもしっかりした生活の基盤がある。現代社会システムのあり方が正しいのか考えてしまう。2015/06/07

tochork

4
洋服は敗戦後。戦前の写真ではみんな和服着ている。時代劇よりは新しくて三丁目の夕陽よりは古い町並み。そこに息づく生活。 / 戦中・戦後は一転して時代を反映している。市民の表情が重苦しい。 / 「那覇の芸者」「京都 大原(p.70)」はあんまりうつくしい写真なので見ほれてしまった。特に「京都 大原」傑作。 / 川本三郎「解説」『働くことが日々の暮らしのなかで当たり前になっている。「労働」というような堅苦しいものでなく、あくまでも「暮し」である。』市井のひとびとはいつも働いていて、なまなましく時代が記録される。2012/10/21

わらわら

3
新聞で「台所の目」と言う文字を目にして見てみたいと思った 戦前も戦後も「卓袱台のある暮らし」は変わらなかったと解説に書いてある 昭和を頭に残したい昭和生まれの私思う2012/02/24

JunKawa

2
木村伊兵衛の写真は、戦前と戦後が地続きであることを雄弁に物語っている。昭和20年秋の新橋駅の闇市の風景が圧巻。昭和34年7月、売春防止法直後の名古屋旧中村遊郭の大店を捉えた写真も強い印象を残す。2015/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/429451

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。