ちくま文庫<br> 梶井基次郎全集 全1巻

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくま文庫
梶井基次郎全集 全1巻

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年09月26日 00時06分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 551p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480020727
  • NDC分類 918.68

目次

檸檬
城のある町にて
泥濘
路上
椽の花
過古
雪後
ある心の風景
Kの昇天
冬の日
蒼穹
筧の話
器楽的幻覚
冬の蠅
ある崖上の感情
桜の樹の下には
愛撫
闇の絵巻
交尾
のんきな患者
詩二つ
小さき良心
不幸
卑怯者
大蒜
彷徨
裸像を盗む男

カッフェー・ラーヴェン
母親
奎吉
矛盾の様な真実
瀬戸内海の夜
帰宅前後
太郎と街
瀬山の話
夕凪橋の狸
貧しい生活より
犬を売る露店
冬の日
汽車 その他

河岸 一幕
攀じ登る男 一幕
栗鼠は籠にはいっている
闇の書
夕焼雲
奇妙な手品師

琴を持った乞食と舞踏人形


交尾

籔熊亭
温泉

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

みあ

82
梶井基次郎の文章には艶かしい倦怠感がある。夜にしか存在しない妖しい官能性がある。この色気はいったいどこから来たのだろうか?生と死の狭間で揺れ動いた彼の生命力の発露ではないだろうか?作品だけを読んだのだがやはり「檸檬」が出色の出来である。鮮やかな黄色い檸檬と主人公の暗い欲望の対比が素晴らしい。それと「Kの昇天」と「桜の樹の下には」、「闇の絵巻」が私は好きである。梶井の小説を読んでいると不思議な高揚感を覚える。他人の秘密を覗き見たような、奈落の底に堕ちていくような暗い高揚感である。2018/05/12

優希

68
美しくも儚げな空気が流れている短編集。殆どの作品が初めて読む作品で、世界観に引き込まれずにはいられませんでした。『桜の樹の下には』の出だしが好きすぎてたまりません。遺稿が多いので、この話はどう終わるのか想像するのも楽しかったです。2020/04/08

メタボン

24
☆☆☆★ 新潮文庫版檸檬に収録されている作品はやはり秀作ぞろいだったと感じた。全集の後半の習作や遺稿はどうしても読み応えの点で劣るように感じる。その中でもキラリとした表現があった「栗鼠は籠にはいっている」や、画家と同棲している女の苦労がしのばれる戯曲の断片「攀じ登る男」は良かった。2018/10/26

SIGERU

21
好きな作家は数あれど、折にふれて読み返すものは、そう多くはありません。梶井基次郎は、その一人です。そのつど、新たな発見があるからです。今回の発見は、未発表の習作『夕凪橋の狸』の冒頭。「私という恥多い者にもこのような憶い出がある」。おお、太宰治に先駆けて人間失格しているじゃないですか!この方向を追究していたら、私小説の大家、梶井基次郎が誕生していたかもしれません。幻視力に充ちた詩的散文の達人、刃渡りのような絢爛たる感性で知られる梶井も、初期の習作時代には、いろいろ模索していたんですね。2021/01/10

かば

17
新潮版は数え切れないほど読んだがちくまは初読。美しいやまとことばを積み重ねてあらゆる感覚を統べた描写に恐れ入る。日本語の一つの完成形。2018/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/506598

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。