Life & business series
なぜ、メールは人を感情的にするのか―Eメールの心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784478710449
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0012

出版社内容情報

来たメールにムッとしたり、「そんなつもりじゃないのに」誤解された経験はありませんか?メールに特有の心理的な罠を探る。

内容説明

来たメールの文面にムッとしたり、「そんなつもりじゃなかったのに…」と誤解されたりした経験はないだろうか。本書では、文字以外に手がかりのないメールというメディア―心理的な罠と、新しい可能性を探る。

目次

第1章 新しいコミュニケーション・ツール
第2章 メールでつながる人間関係、こじれる人間関係
第3章 メールでグッドコミュニケーション
第4章 メル友という人間関係
第5章 出会い系サイトと携帯メール
第6章 世代によって異なるメールの世界
第7章 メール・カウンセリングの可能性

著者等紹介

小林正幸[コバヤシマサユキ]
1957年生まれ。筑波大学大学院修士課程教育研究科修了。東京都立教育研究所、東京都立多摩教育研究所、東京学芸大学心理学科助教授をへて、現在、東京学芸大学附属教育実践総合センター助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。