祥伝社新書<br> 詭弁社会―日本を蝕む“怪物”の正体

個数:
電子版価格
¥1,023
  • 電書あり

祥伝社新書
詭弁社会―日本を蝕む“怪物”の正体

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月22日 23時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396116965
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0295

出版社内容情報

日本社会に跋扈する二匹の“怪物”

近年の政治報道で連日のように見聞きする「そのご批判は当たらない」
「○○の意図はなかった」「コメントを差し控えさせていただく」といった政治家の言葉。
これらは「詭弁」と言われ、相手をあざむくことを目的に使われる議論の詐術である。
詭弁は、「ウソ」と同じく人間社会の理性や良識を食い散らかして壊してしまう怪物であり、
政治の世界のみならず、言論界や我々一般社会をも静かに蝕んでいる。
本書は、近年の政治における詭弁をさまざまな角度から分析・検証し、
〝感染〟しないための免疫をつけるもの。
大手メディアが権力との戦いを放棄し、大量のウソと詭弁が溢れる時代にあって、必読の一冊である。

■目次

はじめに

第一部 現代日本社会に蔓延する「詭弁」の事例

第二部 人間の思考を狂わせる「詭弁というウイルス」
《1》そもそも詭弁とはなにか
《2》論理的に誠実な議論を台無しにしてしまう詭弁術
《3》よくある詭弁のパターン1:間違った定義から話を始める
《4》よくある詭弁のパターン2:論理的思考と情緒的思考のすり替え
《5》よくある詭弁のパターン3:間違った二項対立と極論への飛躍

第三部 過去の歴史と現代の歴史認識に見られる詭弁
《1》日中戦争期と太平洋戦争期の政府発表に見られた詭弁
《2》現実認識を歪ませ、合理的思考力を失わせる「詭弁の常態化」
《3》大日本帝国を擁護する詭弁の歴史解釈:歴史修正主義
《4》日本社会はなぜ詭弁に対してこれほど無力となったのか

おわりに

内容説明

日本社会に跋扈する二匹の“怪物”。近年の政治報道で連日のように見聞きする「そのご批判は当たらない」「○○の意図はなかった」「コメントを差し控えさせていただく」といった政治家の言葉。これらは「詭弁」と言われ、相手をあざむくことを目的に使われる論理の詐術である。詭弁は、「ウソ」と同じく人間社会の理性や良識を食い散らかして壊してしまう怪物であり、政治の世界のみならず、言論界や我々一般社会をも静かに蝕んでいる。本書は、近年の政治における詭弁をさまざまな角度から分析・検証し、“感染”しないための免疫をつけるもの。大手メディアが権力との戦いを放棄し、大量のウソと詭弁が溢れる時代にあって、必読の一冊である。

目次

第1部 現代日本社会に蔓延する「詭弁」の事例(本当はこわい「お答え/説明を控えさせていただく」という詭弁;説明責任放棄の呪文と化した「丁寧に説明する」という詭弁;「○○の意図はなかった」と「誤解を与えたならお詫びする」という詭弁 ほか)
第2部 人間の思考を狂わせる「詭弁というウイルス」(そもそも詭弁とはなにか;論理的に誠実な議論を台無しにしてしまう詭弁術;よくある詭弁のパターン1:間違った定義から話を始める;よくある詭弁のパターン2:論理的思考と情緒的思考のすり替え;よくある詭弁のパターン3:間違った二項対立と極論への飛躍)
第3部 過去の歴史と現代の歴史認識に見られる詭弁(日中戦争期と太平洋戦争期の政府発表に見られた詭弁;現実認識を歪ませ、合理的思考力を失わせる「詭弁の常態化」;大日本帝国を擁護する詭弁の歴史解釈:歴史修正主義;日本社会はなぜ詭弁に対してこれほど無力となったのか)

著者等紹介

山崎雅弘[ヤマザキマサヒロ]
1967年大阪府生まれ。戦史・紛争史研究家。政治問題の論考も新聞・雑誌に寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

skunk_c

58
まず出版社が意外。こんな本も出すのね。最初に現政権の3人の首相が繰り出す詭弁のオンパレードが並べられていて、読んでいてその場面を思い出しながらうんざり。ただ、A-S-Kと段々小粒になっている気もする。本書の優れた点は、そうした政治家の発言を放置する政治記者、そして我々にも批判の目を向けていること。日本の教育が批判力を付ける方向を向いていないという指摘は、その努力を微力ながらしていても耳が痛い。アジア・太平洋での戦争に突入したひとつの要因が議会政治の劣化と考えている者からすると、今の国会は目を覆いたくなる。2024/07/21

竹園和明

40
詭弁というものの解説書的なものではなく、安倍晋三や菅義偉らが薄ら笑いを浮かべながら語っていた話のどこが詭弁なのかを論じた本。「丁寧に説明する」と言いながら説明など一切せず、批判の妥当性を判断するのは我々国民なのに「そのご批判は当たらない」と勝手に結論づけして逃げるなど、その傲慢なやり方は全て確信犯だ。またそれを追求し切れない野党とマスコミのへっぴり腰を見せられている我々国民も、諦めか無関心か時が経てば忘却の彼方。この空疎な政治ごっこに慣らされる事が最も危険。国民が客観的に政治を監視する事は大切な事だ。2024/05/03

Mc6ρ助

23
「お答えを控えさせていただく」って、刑事訴追されそうなんで、言質をとられるわけにはいかない、答えないよ!って意味だと思っていたのは爺さまだけだったんだ。黙秘権みたいに追求できない(大事だよね、人権!)もんだと思っていたなんてなんて人が良い爺さまだったんだろう。追求しないマスコミ、メディア、追求しないことを問題にできない我々ってなんなんなんだ(!?)。自公政権の詭弁を余すこころなく(きっと)抉り出す山崎雅弘さんの近著なのでした。2024/05/02

こも 零細企業営業

21
タイトルで興味を持ち、あらすじを読んで面白そうだと思って読んでみる。詭弁とは批判、反対意見に誠実に向き合わず、誤魔化す論法。最初は国会でよく聞いたフレーズ「お答えを差し控えさせていただく」「丁寧に説明する」「〇〇の意図はなかった」「〇〇に当たらない」「記憶にございません」など14通りの誤魔化しの論法を列挙。そんな詭弁を許容する背景はどんな状況であったかと説明していた。根底には権力の監視装置であるマスメディアが自身の特権、電波、記者クラブ等を保持するために詭弁をスルーして記事やニュースとして発表してしまう。2024/03/12

まゆまゆ

12
相手をあざむいたり困らせる議論の中で使われる「詭弁」は、一見もっともらしい推論によって、その裏にあるウソを隠している。安倍政権以降の政治家達によって社会全体に広まっているともいえる、この詭弁にどう対応するか。クリティカルシンキングが一つの解決策だが、マスコミがその場でツッコめばいい、のはそのとおり(笑)2024/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21846419
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。