ことばの認知プロセス―教養としての認知言語学入門

個数:

ことばの認知プロセス―教養としての認知言語学入門

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年08月19日 20時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 133p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784384012415
  • NDC分類 801.04
  • Cコード C1080

内容説明

本書では、身近にあふれている日本語の興味深い言語事例を取り上げながら、認知言語学という新しい物の考え方について、語りかけるような口語文体で、平易に分かりやすく、そしてコンパクトに、その解説を行います。

目次

第1章 プロファイリングの世界(プロファイリングとは何か?;プロファイリングの言語的一般化;「仕切り線」と「徳俵」の意味 ほか)
第2章 メタファーの世界(メタファーとは何か?;直喩と隠喩;直喩と隠喩のさらなる例 ほか)
第3章 ブレンディングの世界(ブレンディングとは何か?;比較文脈とブレンディング;時制解釈とブレンディング ほか)

著者紹介

安原和也[ヤスハラカズヤ]
名城大学准教授。1979年、岡山県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程(言語科学講座)修了。博士(人間・環境学)。日本学術振興会特別研究員、京都大学高等教育研究開発推進機構特定外国語担当講師を経て、2013年4月より現職。専門は、認知言語学。主要著書に、『Conceptual Blending and Anaphoric Phenomena:A Cognitive Semantics Approach』(2012年、開拓社、第47回市河賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

教養としての認知言語学入門。認知言語学の基本的な考え方について、平易にわかりやすく、コンパクトに解説。身近にあふれている日本語の興味深い具体的な言語事例を中心に取り上げながら、認知言語学の基本的な考え方について、平易にわかりやすく、コンパクトに解説。第1章プロファイリングの世界、第2章メタファーの世界、第3章ブレンディングの世界。

安原和也[ヤスハラカズヤ]