光文社新書<br> 昆虫採集の魅惑

電子版価格 ¥737
  • 電書あり

光文社新書
昆虫採集の魅惑

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 235p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334031527
  • NDC分類 486
  • Cコード C0240

内容説明

「あの山の上には、誰も見た事がない蝶が飛んでいるに違いない!」物心ついたときから虫が大好きだった著者は、世界中の未知の土地で採集を繰り返した。人間のアイデアが及ばない絶妙の配色に彩られた美しい蝶、驚くべき形をした数々の甲虫との出会い、人生を昆虫に賭けた「虫屋」の人々との交流、収集の楽しみなど、その奥深く、魅力に満ちあふれた虫の世界を「昆虫標本商」の目で語る。

目次

第1章 昆虫に賭ける
第2章 新発見への情熱
第3章 人と蝶の深い関係
第4章 地球上で一番美しい生物
第5章 アグリアス・ロドリゲッツィーを求めて
第6章 蝶を創る
第7章 命を賭けた採集旅行
第8章 収集の楽しみ
第9章 ヨーロッパ博物学の伝統
第10章 蝶と地球

著者等紹介

川村俊一[カワムラシュンイチ]
1960年東京都生まれ。成蹊大学文学部文化人類学専攻。幼少時代を過ごした香港で美しい熱帯の蝶に魅了され、昆虫採集に開眼する。大学時代から修業を始め、卒業後は趣味の昆虫採集を仕事とすることを心に決める。以来、メキシコ、ニューギニア、ヨーロッパ各地など海外を飛び回り世界の珍蝶を追い続ける。専攻の文化人類学の知識を活かしつつ、現地の人々と交流しながら昆虫の研究を続けている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

yamakujira

0
著者は昆虫が好きなんだなぁ、昆虫採集が楽しいんだなぁ、ということは伝わる。でも、昆虫が好きな人が、どうして平気で昆虫を殺せるのか。「生物」としてより、蒐集対象の「物」として見てるんだろうな。学術的な意味もあるんだろうけど、どうしても抵抗を感じてしまう。 (★☆☆☆☆)

piro5

0
昆虫の収集家の世界。交配させて雑種を作る人もいるとは。インセクト・カーニバルとか、そんな催しがあるのか。レプタイルズワールドなら知ってるが。2018/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/155691

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。