共感の技法―福島県における足湯ボランティアの会話分析

個数:
  • ポイントキャンペーン

共感の技法―福島県における足湯ボランティアの会話分析

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年07月28日 20時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784326602551
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C3036

内容説明

厳しい体験の語りをわれわれは受け止められるのか。会話分析で読み解く、ボランティアたちの微細な振る舞い。

目次

足湯活動の相互行為分析
二つで一つ―複合活動としての足湯活動
マッサージの手順が違反されるとき
視線のゆくえ
話題の展開―足湯利用者はどのようにして自分から語り始めるか
態度のすりあわせ―「共感」はどのように形成されるか
避難期間の表わし方から読みとれること
飛び越えの技法―「でも」とともに導入される共感的反応
経験の固有性を認める共感
共通性を示すこと―共感の権利はどのように主張されるのか
段階をへる共感
不満・批判・愚痴を述べるということ
できなかったこと、そしてできたこと

著者紹介

西阪仰[ニシザカアオグ]
明治学院大学社会学部教員。文学博士。専攻は、エスノメソドロジーおよび会話分析

早野薫[ハヤノカオル]
お茶の水女子大学外国語教育センター教員。Ph.D.(語学)。専攻は、会話分析、言語学

須永将史[スナガマサフミ]
首都大学東京人文科学研究科社会学教室博士後期課程。専攻は、会話分析、ジェンダー論

黒嶋智美[クロシマサトミ]
明治学院大学社会学部付属研究所研究員。Ph.D.(応用言語学)。専攻は、会話分析

岩田夏穂[イワタナツホ]
大月市立大月短期大学教員、人文科学博士。専攻は、日本語教育、会話分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)