医療現場に臨む哲学

個数:

医療現場に臨む哲学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年04月25日 06時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 238,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326153244
  • NDC分類 490.1
  • Cコード C3010

内容説明

本書は医師や看護婦やメディカル・ソーシャル・ワーカーが患者に向かう際の視点に立って書かれている。そうした視点に立って現場を把握し、「医療とは何か」、「医療の専門家は患者にどのように向かうべきか」といったことを根本的に考えることは、医療実践の専門家にとっては当然のことながら、医療について考えようとする者すべてにとっても少なくとも一旦はすべきことであろう。したがって本書は、医療の専門家ばかりでなく、医療について考えようとしているより広い範囲の方たちを、読者として想定している。

目次

第1章 記述することとしての哲学
第2章 より自由であることを目指して―医療行為の目的
第3章 医療者・患者の共同を通して―医療行為のプロセス
第4章 医療行為の倫理原則
第5章 真実を知らせることとしての告知―情報提供をめぐって
第6章 ターミナル・ケアと緩和医療
第7章 生死のコントロール―尊厳ある死と安楽死
第8章 死に向かう人間―時と永遠

出版社内容情報

本書は,哲学者と医療の専門家(医師,看護婦等)との対話によって生まれた。医療行為の目的,情報提供,緩和医療,尊厳死などをめぐる哲学者の新しい仕事である。