河出文庫
ローリング・サンダー航海日誌 - ディランが街にやってきた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 340p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309461281
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0198

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

zirou1984

30
ディランの半世紀以上に及ぶライブ活動の中でも、最も魅力的な時期であった1975年の第1期ローリング・サンダー・レビュー。それは喪われたミンストレル・ショウを再興しようと、旅芸人一座のように行われたライブ・ツアー。本作はそれに同伴しな劇作家による映画のための断片集であり、ディランという謎に対するさらなる問いかけでもあった。「たくさん本を読むんですか?」ディラン「少しはね」「昔から本をたくさん読むんですか?」「昔から少しは読んでる」「どこで本を手に入れるんですか?」「図書館だ。図書館に行けば、本がある。」2017/02/26

MN

2
「ディランは自分自身を発明した。彼は何もないところから自分をつくりあげた。自分のまわりにあったもの、そして自分のなかにあったものから、自分をつくった。たいせつなのは、彼がどういう人間かを知ることではなく、そのままの彼を受けいれることだ。どちらにしたって彼はきみをとりこにする。」2016/10/01

wagatsuma_songs

1
ボブ・ディランの記念碑的なツアー「ローリング・サンダー・レヴュー」に映画作家として同行した若きサム・シェパードのメモ的な本。本人はログ・ブック(航海日記)と呼んでいるんだけど、サム・シェパード的になかなかタフなツアーだったみたいで、けっこう愚痴ってたり、混乱してたり、狂乱してたりして面白い。ツアーは進行していくんだけど、映画は計画通りに進まずサムは半ば諦めてるようでそこも面白い。この珍道中をベースに作られた映画『レナルド&クララ』は大コケしたらしく、この本を読むと「まあ、そうなるよな」と思ってしまう。2021/04/18

fritzng4

1
長らく読みたかったがやっと入手して読んだ。この若々しく瑞々しい筆致が若き日のサム・シェパードによるものとはなかなかに信じ難い。伝説のローリング・サンダー・レヴュー同行記だが詩のように綴られる九十八のエピソードにはディランを中心とした多くのミュージシャンらが登場し、様々なバリエーションの詩篇的アプローチと多くの写真がこのツアーの混沌を活写している。Tボーン・バーネットが若い!2019/02/28

bittersweet symphony

1
ウィッチ姿のTボーン・バーネット、プリマスの博物館の船の模型の上でピルグリムの蝋人形に混じって立っていたランブリング・ジャック・エリオットが現れた小学生の集団に海の歌を歌いだす、ケルアックの墓の前で即興演奏するディランとギンズバーグ、ジプシーのばあちゃんの服をまとうジョーン・バエズ、ツアー最終日の初の大会場マディソン・スクエア・ガーデンで生気を取り戻すミック・ロンソン、評論家向けのプレ上演でサムシェパード脚本の出し物のエンディングに難癖をつけるディラン(これがラストシーンになる)。2005/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/216491

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。