河出文庫<br> 刺青

河出文庫
刺青

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 136p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309405650
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

彫物師の前にあらわれた十八歳の少女は言った。「彫ってください」。“刺青”に賭けられた生と死の美学をめぐりつつ、奈落の底へ落ちゆく人間たちの闇をえぐる芥川賞作家初の長篇。耽美かつ残酷そして超過激なハードコアロマン。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

harass

6
有名な作品と同じ題名だがいれずみという。刺青師に突然現れた少女は自分に刺青を彫ってくれと懇願するが……  特に感慨を得ること無く読み終えてしまった。もともとこの作家のスタイルとしてシーンの積み重ねでイメージを盛り上げていく手法があるがこの作品は自分はピンと来なかった。個人的に登場人物たちを「ノワールもの」のステロタイプに感じて冷めてしまったせいかと。2013/05/31

sibafu

5
96年頃に書かれた中編。近親相姦、姉が亡くなったことでおかしくなり妹と姉を混同しがちな母親、家庭崩壊寸前。ここまでありがちな状況だが、現状打破のために妹のアヤがとった行動は背中に刺青を彫ること。この発想は凄い。そして、全体的にやはり尖っている。同じく河出文庫で同時期の三篇を集めた『サトーリ』に近い。彫り士の刺青屋がスラムのような歌舞伎町のような土地にあり、多国籍的でサイバーパンクなSFっぽくもある。背中に大きく彫る観世音といい、奇妙に文章に混ざる仏教用語が良い味を出している。病的な世界観に価値あり。2013/09/07

あべこべらぼう

4
彫りもんは芸術でしょ?っていったら鼻で笑われちまうかな。 アンダーグラウンドな緊張感とハードコアな臭気。若い肌に香る花露。エッジの効いた連想ゲームが鏡と虹彩を行き来する刺激的な作品。2020/05/05

sun

3
独特の世界観。うなるのみ。2014/06/03

hikarunoir

3
爆発しない暴力性、絶妙のバランス。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/511740

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。