河出文庫<br> 猫のミステリー (新装版)

河出文庫
猫のミステリー (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784309405605
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

三毛猫、ドラ猫、ペルシャ猫、泥棒猫に招き猫…都筑道夫・赤川次郎・川島郁夫・津井つい・新田次郎・土岐雄三・藤枝ちえ・南部樹未子・角田喜久雄・岡沢孝雄・そして日影丈吉。大家、人気作家、故人、新人、無名の作家を問わず、本格派の巨匠が選りすぐった究極のキャッツ・ミステリー・アンソロジー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

緋莢

16
猫嫌いの夫が檸檬色の猫を見たと言い出した。何度も繰り返す内に、妻の愛子も気になり始めて・・・(都筑道夫「檸檬色の猫がのぞいていた」)野良猫、ペルシア猫、泥棒猫に探偵猫まで、鮎川哲也が選んだ猫の登場するミステリ11編を収録したアンソロジー2017/11/12

みぃすけ

5
ミステリーだけでなくショートショートやホラーっぽいものまであるバラエティに富んだ1冊で、予想以上に読みごたえがあって楽しめました。2017/06/24

悸村成一

0
11編収録。E.ボウエン風な恐怖譚=新田次郎「猫つきの店」、警察小説の佳編=日影丈吉「「風邪ひき猫」事件」等、読みごたえがある。 992014/11/30

にんにん

0
いずれも、猫がどこかに登場するミステリーを集めた短篇集。ショートショートもふくまれているが、落ちはかなりレベルが高い。猫について半端にとろけるような猫派的蘊蓄が入っていないのがいい。鮎川哲也氏によるセレクトであるが、さすがという読後感。ただ、赤川次郎以外、戦後まもなくと思われる時代のストーリーが多く、感覚的に距離を感じる。また、どのストーリーにもタバコが出てくる。時代の記録としても価値があるかも知れない。2012/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/412843

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。