河出文庫<br> 螺子式少年(レプリカ・キット)

電子版価格 ¥385
  • 電書あり

河出文庫
螺子式少年(レプリカ・キット)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 181p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309404479
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

行方不明の野茨を探して、百合彦と葡萄丸は「仔犬座サーカス団」を訪ねた。そこには野茨そっくりの少年はいたが…。近未来世界を舞台に、“ほんとうの存在とは何か”を求めてくり広げられる、傑作サスペンス・ファンタジー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

122
長野さんはずっと気になる作家だったが、読むのはこれが初めてだった。きれいな文章で、個性的な幻想世界を紡ぎ出していると思う。野茨、百合彦、葡萄丸といった古風な言葉遣いも良い。ただ、このくそったれな現実な世界に、対抗できる幻想世界を作り出したいと言う気迫は感じられない気がした。小奇麗にまとまっている箱庭的な世界で、迫力にやや欠けている。それでもレプリカと本物の境目がはっきりしなくなるところは、フィリップ・K・ディックばりで面白い。ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るのか』の影響が感じた。2016/07/03

優希

99
面白かったです。本当のものとは何かをめぐる物語ですが、サスペンスのような色合いが見えます。野茨、葡萄丸、百合彦の少年たちが見る「レプリカ」の世界。本人の意識をもコピーできるレプリカ・キットとは何かを考えてしまいました。レプリカだらけのサーカス団を想像すると鳥肌が立ちます。レプリカが作られる目的は何なのでしょう。本物かレプリカかが分からなくなっていく世界。でも結果的に人間でもレプリカでも拘らず、傍らに居て欲しい人が本物なのかもしれません。2016/01/19

小夜風

37
【所蔵】長野まゆみさんのこういう少年ものはもう読み尽くしちゃったかなと思っていたので、まだ読んでいなかった中にこんな素敵な本があって嬉しくなりました。初期の長野さんが大好きだったので、読みこぼしていたことが信じられません(笑)。母親が、自分の息子が自分の思い通りに育ってくれなかったからと、息子のレプリカを作って溺愛するも、レプリカも母親を嫌いとか、もう救われないわ。誰がレプリカで誰がオリジナルなのか判らなくなるホラーのような話だけど、最後にはそんなことはどうでもよくなるくらい、この世界に浸っていました。2017/05/18

なつ

24
アイデンティティーとは何かがテーマ。SF的で哲学的。その人が本物かレプリカ〈偽者〉かわからなくなり、何をもってその人が本物だと見なせるのか。信じるものの根底が揺らいだら・・・という、心理的な恐怖がそこにある。自分と同じ姿が何人もいて、知らないうちに切り替わっていたらと考えるとぞっとしますね。2019/01/27

藤月はな(灯れ松明の火)

24
近未来を描いたSFのようでいてレトロな描写や薬の名前などが鉱物に擬えているのも素敵です。「偽物ならば今までのことはなかったのか?」など、存在性の不安定さが淡々として語られるため、逆に怖かったです。葡萄丸の買っている猫が「耳猫風信社」に登場してくるカシスと同じ名ですが私は葡萄丸が「耳猫風信社」のカシスに似ているなと思いました。2011/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/564212

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。