河出文庫<br> ドラコニア綺譚集

電子版価格 ¥471
  • 電書あり

河出文庫
ドラコニア綺譚集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 273p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309402420
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「ドラコニア」とは龍の王国、すなわち「渋沢龍彦ランド」のことである。この知の領土において、著者は極楽鳥や仮面、童子といった偏愛するテーマをとりあげながら、筆のおもむくまま、自在のスタイルで、興趣つきないエピソードをつむぎ出す。一編ごとにエッセイ風、幻想譚風とおもむきを変え、きらびやかなペダントリーをふりまきながら、軽やかな精神の運動が展開する円熟のエッセイ集。

目次

極楽鳥について
鏡と影について
飛ぶ頭について
かぼちゃについて
文字食う虫について
スペインの絵について
ラテン詩人と蜜蜂について
箱の中の虫について
桃鳩図について
仮面について
童子について
巨像について

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

マッキー

16
これも澁澤ワールド全開でよい。少し硬めで難解なエッセイかな?と思うが、本書を読んでいるときのまるで知のブラックホールに吸い込まれていく感覚はまさに澁澤にしか出せない味。興味深かったのは「箱の中の虫について」 2017/06/02

荒草ミエル

13
ロマンティックでオカルトなドラコニアにまつわる自由なエッセイ集。もちろんファンタジー全開。精錬な知識から生まれる想像力、精神の余裕、人間の生き方の贅を凝縮したような思考を堪能。著者にかかれば、架空の生き物を語る戯言のようなファンタジーであれど、濃密で心地良い重たさを堪能できる。どうしてこんなに魅力的な文章が書けるのか、いつもいつも不思議。丁寧に少しずつ読んでいたけれどついに読了。なんだかが口惜しい。2018/02/15

歩月るな

9
贅沢で面白い。『飛ぶ頭について』『仮面について』『桃鳩図について』『巨像について』等がお気に入り。若き日に「いや、小説なんか書かない。おれは人間関係というものが大きらいだから、小説にはぜんぜん向かないタイプなんだよ。(略)自分でもよく分からないようなジャンルのものを書いているよ」と言いつつ「人称(ペルソナ)というのはふしぎなもので、こいつを仮面のように顔にかぶせてしまえば、少なくとも文章の上では、どんな人物にでも容易に化けることができる。この特権を利用せざるべけんや、である。」となるのがストーリーテラー。2015/08/20

pico

9
文庫にて再読。知識の泉が多次元の幻想の海を創りだす。たとえば、よく整頓され性能の良い薬箱がひとつしめると空気を含み、思いもよらぬ引きだしがあくといった感じ。なんともエレガントで楽しい楽しすぎる。2010/08/28

ぐうぐう

9
『唐草物語』で再び小説と向き合った澁澤は、エッセイにも果敢に小説的味付けを施す。龍彦の領土「ドラコニア」と名付けられたこの本書は、澁澤が好む綺譚をエッセイとして紹介しながらも、そこに物語を大胆に導入する。もはやここにエッセイと小説の垣根はなく、澁澤の鋭利な洞察力と自由なイマジネーションの喜びが、素敵に溶け合っている。2009/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/469214

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。