看護教育新カリキュラム展開ガイドブック<br> 新カリキュラムがめざす授業

看護教育新カリキュラム展開ガイドブック
新カリキュラムがめざす授業

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 89p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784260342339
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 新カリキュラムは,優秀な看護職員の人材育成を意図し,教育内容・教育内容の充実をめざした画期的なものである。各校の自由裁量分もふえ,何をどのように教育していくかは,各校,各教員の責任においてまかされてもいる。この新カリキュラムの意図を,授業にどう生かしていくか,新カリキュラムで期待される授業の具体例を数多く紹介する。    《目次》 第1章 授業を始める-新カリキュラムによる可能性 新カリキュラムがめざす学生と教員の関係 他 第2章 授業展開のバリエーション-講義・演習・実習 「人間関係論」の授業展開 他 第3章 看護教育の未来に向かって-教員に期待されること 教員の意志決定が問われる看護教育の未来 他

目次

第1章 授業を始める―新カリキュラムによる可能性(新カリキュラムがめざす学生と教員の関係―教員の資質として;単位互換の可能性;若者の心をとらえた授業の構築を―現代若者像と授業 ほか)
第2章 授業展開のバリエーション―講義・演習・実習(「人間関係論」の授業展開―学生の自己成長を図る;「社会学的調査」実習の実際―看護学への導入の意味と教育効果;解剖生理学―何をどこまで学べばよいかをはっきり示す ほか)
第3章 看護教育の未来に向かって―教員に期待されること(教員の意思決定が問われる看護教育の将来;看護学校に期待されること―何をどのように準備するか;“創造”性こそ大切―教育効果を最大限発揮できる教育者)