アディクションアプローチ - もうひとつの家族援助論

個数:

アディクションアプローチ - もうひとつの家族援助論

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年04月23日 16時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784260330022
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

出版社内容情報

《内容》 なぜ家族が見えないのか。どうすれば家族に巻き込まれずにすむのか。「家族」が看護の中心課題になったいま,アディクション(依存症)へのアプローチ法が大きな注目を浴びている。「非援助の援助論」ともいうべき逆説とスリリングな発想に満ちた本書は,多くの看護職を悩ませている家族問題の理解に新しい視点をひらくだろう。    《目次》 序章 ある日の午前=看護婦Nが相談室にやってきた 1章 家族は変わった 2章 アディクションアプローチとは何か 3章 家族をどうみたらよいか 4章 「援助」とは何か=アディクションアプローチからみなおす医療という場の特殊性 5章 自己理解のためのキーワード=アダルトチルドレンと共依存 終章 ある日の午後=援助者が「私」に戻るとき