• ポイントキャンペーン

黒田裕子の看護研究Step by Step (第4版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 358p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784260015967
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

目次

エビデンスに基づく看護実践をめざす看護研究
看護実践のなかから生まれる“研究疑問”
看護研究を行ううえでの倫理的な問題とその対応
研究にとって欠かせない文献検索と文献検討
看護研究の方法を理解しよう
量的なアプローチの研究デザイン
多様な量的なアプローチの研究方法をみてみよう!
量的なデータの分析を試みる
データ収集の方法としての質問紙法
質問紙を自分で作成する
質的なアプローチの研究方法
多様な質的なアプローチの研究方法をみてみよう!
研究計画書を作成する
研究論文としてまとめる
量的なアプローチの研究を科学的な視点でクリティークする
質的なアプローチの研究を科学的な視点でクリティークする
新しい看護研究の動向

著者紹介

黒田裕子[クロダユウコ]
1977年徳島大学教育学部看護教員養成課程卒業、北里大学病院脳神経外科病棟勤務、聖カタリナ女子高等学校衛生看護科・専攻科、日本赤十字医療センター脳神経外科病棟勤務を経て、聖路加看護大学大学院修士課程修了(看護学修士号取得)。卒業後、日本赤十字中央女子短期大学講師を務め、1988年聖路加看護大学大学院看護学研究科博士後期課程に入学、1991年同大学大学院修了(看護学学術博士号取得)、同年より、東京医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻・助手(学内講師)として勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

今日の看護研究に求められる知識の全体像を、研究指導の経験が豊富な著者が語りかけるように解説! 一見「高度」と思われる内容でさえも、著者自らの体験や研究指導のなかで遭遇した事例をふんだんに用いながら解説しているため、実際のイメージをもちながら初学者でも理解できる点が大きな特徴。近年の急速な看護研究の進歩を反映し、質的研究、研究デザイン、研究計画、研究倫理、新しい研究の動向に関する記述が特に充実。