NHK出版新書<br> 道をひらく言葉―昭和・平成を生き抜いた22人

個数:
電子版価格
¥1,078
  • 電書あり

NHK出版新書
道をひらく言葉―昭和・平成を生き抜いた22人

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月21日 01時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140886953
  • NDC分類 281
  • Cコード C0295

出版社内容情報

選択に迷ったとき、挫けそうになったとき、「あの人」が語りかける。

瀬戸内寂聴、高倉健、樹木希林、立花隆など、22人の先達はどんなメッセージを残したか。苦しいとき自らを奮い立たせた一言、一生かけて辿りついた境地を示すフレーズなど、懐かしい人物の珠玉の言葉が、懸命に生きる現代人を癒し、励ますアンソロジー。明日を生きる力が湧いてくる。NHK「あの人に会いたい」を書籍化。

【本書で紹介する人物と言葉】 瀬戸内寂聴、なかにし礼、宮城まり子、福本清三、酒井雄哉、高倉健、橋田壽賀子、高畑勲、鈴木登紀子、佐伯チズ、米沢富美子、樹木希林、赤塚不二夫、田辺聖子、坂上二郎、立川談志、立花隆、古賀稔彦、さいとう・たかを、永六輔、半藤一利、緒方貞子(※掲載順)

内容説明

瀬戸内寂聴、高倉健、樹木希林、立花隆…。各分野で新しい道をひらいた22人の先達はどんなメッセージを残したか。苦しいとき自らを奮い立たせた一言、一生かけて辿りついた境地を示すフレーズなど、懐かしい人たちの珠玉の言葉が、困難な時代に生きる現代人を癒し、励ます。「NHK映像ファイル あの人に会いたい」をもとに番組未収録のインタビュー等を加え書籍化。

目次

第1章 明日を生きるための力(今を切に生きてください(作家・僧侶 瀬戸内寂聴)
もう一人の自分と語り合う場所を持つべき(作詩家・作家 なかにし礼) ほか)
第2章 大切にしたいもの、守りたい心(自分の感性、感じられる心を大事にする(俳優 高倉健)
自分を主張しながら、しっかり自分を持って生きなさい(脚本家 橋田壽賀子) ほか)
第3章 つらいときこそユーモアを(そういうときは、笑うの。笑うの。笑うの(俳優 樹木希林)
てめえが一番バカになればいいの(漫画家 赤塚不二夫) ほか)
第4章 残された時間、次世代へのバトン(何にでも使える時間というものが出来たとき、その人が何に使うか(ジャーナリスト 立花隆)
強くなるときって負けた後なんだよね(柔道選手 古賀稔彦) ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

西

11
人生の理不尽さを嘆いていても仕方ない。今目の前の事に尽くす事。失敗と思った事が後々に活きたり、かと思って期待したら活きなかったり。でもそれもまた人生、この一生を味わえたこと、次の一生があるかなんて期待出来ないけど、決して誇れるような人生ではないけど、それでも幸せだと思える日がある2023/05/08

ぞろElwood

0
★★★2023/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20582742
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。