古代エジプトの神々―その誕生と発展

古代エジプトの神々―その誕生と発展

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 232p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784140085875
  • NDC分類 242
  • Cコード C1022

内容説明

古代オリエント史研究の権威によるすぐれた概説書。「お日さま」ラアと穀霊オシリス両神を中心に、神々の系譜を精細にたどり、古代人の思想、とくにその死生観や世界観を考察する。NHK市民大学の名講義、待望の出版化。

目次

1 ナイルの恵み「ハピ」
2 来世の王「オシリス」
3 現世の王「ホルス」
4 太陽の都「ヘリオポリス」の神々
5 「ラア」とピラミッド
6 「アメン=ラア」の出現
7 セム語族の神々と印欧語族の神々
8 「アテン」一瞬の輝き
9 神助と神罰
10 神とあがめられた鳥・獣

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みや

27
神々の系譜を辿って古代エジプト史を考察する概説書。日本語が美しい。美辞麗句を並べているわけではなく、美味しい空気を吸っているような心地よさを味わえた。太陽信仰をお日さま崇拝、ツタンカーメンをトゥトアンクアメンと記載する拘りが好き。神話の内容より、神話の成り立ちに影響を与えた当時の文化や世情、神話に対する価値観や意味合いについてが多く書かれている。神の変遷からエジプトの歴史を見るのは初めてで面白かった。「はじめに」で書かれた本書を読む際の注意事項が、古代エジプトの本全てに当てはまるので肝に銘じておきたい。2018/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/800236

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。