みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり

みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2017年09月23日 09時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 352p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103534341
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

芥川賞作家にして、少女時代からの熱心な愛読者が、村上春樹のすべてを訊き尽くす。騎士団長とイデアの関係は?比喩はどうやって思いつく?新作が何十万人に読まれる気分は?見返したい批評家はいる?誰もが知りたくて訊けなかったこと、その意外な素顔を、鮮烈な言葉で引き出す。11時間、25万字の金字塔的インタビュー。

目次

第1章 優れたパーカッショニストは、一番大事な音を叩かない
第2章 地下二階で起きていること
第3章 眠れない夜は、太った郵便配達人と同じくらい珍しい
第4章 たとえ紙がなくなっても、人は語り継ぐ

出版社内容情報

ただのインタビューではあらない。『騎士団長殺し』の誕生秘話、創作の極意、少年期の記憶、フェミニズム的疑問、名声と日常、そして死後のこと……。誰もが知りたくて訊けなかったことを、誰よりも鮮烈な言葉で引き出した貴重な記録。11時間、25万字におよぶ、「作家?作家」の金字塔的インタビュー。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件