新潮文庫<br> ジャズ・アネクドーツ

個数:

新潮文庫
ジャズ・アネクドーツ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月23日 16時00分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 469p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102181126
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0173

内容説明

ベーシストにしてモダン・ジャズ界の語り部のビル・クロウがジャズ・ミュージシャン裏話を集大成。マイルズ・デイヴィスがプロモータを屈服させた一言、ビリー・ホリデイがバンド・バスの中で大もうけした顛末、ベッシー・スミスが南部でKKKを撃退した逸話、ルイ・アームストロングがライバルをノックアウトしたエピソードなど、まさしく黄金時代のアネクドーツ(逸話集)。

目次

ワイルド・シーン
始まり
ピアノ
先生と生徒
雇用と解雇
マネージャー、エージェント、ボス
演奏旅行
アレンジャーとアレンジメント
カッティング・コンテスト
お洒落なジャズ・ミュージシャン〔ほか〕

著者等紹介

クロウ,ビル[クロウ,ビル][Crow,Bill]
1927年アメリカ西海岸生れ。ジャズ・ベーシスト。’50年代からニューヨークに移り、スタン・ゲッツやジェリー・マリガンのレギュラー・ベーシストとして活躍した。ジャズ評論も手がける

村上春樹[ムラカミハルキ]
1949年京都府生れ
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Dai(ダイ)

26
偉大なジャズプレイヤーたちの様々な逸話集。有名人ほど破天荒で面白い。なかでも、チャーリー・パーカーの天才ぶりはスゴい。彼の音楽を聴きながら読んだ。それにしても麻薬とミュージシャンの縁は切れないものなのか?残念なのは知らないプレイヤーがたくさんいることと、知識の無さで笑えないジョークが度々出てくること。2014/07/29

田氏

21
遅刻魔、粗暴、悪戯好き、自己中、借金癖、アルコール依存、どケチ、ヤク中…ジャズに限らないが、つくづくミュージシャンの逸話とは、よくぞこれだけポンコツ属性ばかり並ぶものである。ただし、あくまでもポンコツであって、機能すらしないガラクタではないことに留意されたい。ギアもピストンもガタガタで、煙を吹いて止まったり火を吹いたりしながらもなんとか動いている。なのに、そこらのおとなしいマシンには真似できない、輝かしいはたらきを見せる。これこそ愛すべきポンコツの真髄なり。人類よポンコツたれ。ボーイズビー・ポンコシャス。2021/02/12

ドン•マルロー

19
たくさんのジャズミュージシャンたちの裏話を集めた逸話集。語り部ビル・クロウは、スタン・ゲッツやジェリー・マリガンとプレイしていたジャズ・ベーシストでもある。翻訳は村上春樹。最適任者の共演といっても過言ではない一冊だ。「たいていのジャズ・ミュージシャンは笑うのが大好きだ」と前書きにある通り、収録される逸話はどれもユーモアに溢れたものばかり。面白い話はいくつもあったが、個人的にはアート・ブレイキーとソニー・ロリンズの逸話が特に印象に残った。"チュニジアの夜"と"St.Thomas"が無性に聴きたくなった。2016/02/08

DEE

5
ロックミュージシャンとはまた違うぶっ飛び方のジャスミュージシャンたちの逸話。 思わず吹き出してしまう話も多々あって楽しく読んだ。 たとえ99が大したことなくても、人生を変えてしまうような残り1のスウィングを演奏者も観客も求めている。 それがジャズであり音楽である。 成功ばかりではないけど、当時ジャズミュージシャンであるということはとても素晴らしいことだったんだと思った。2017/08/15

まこ

5
ジャズ界の面白エピソードをとにかく集めまくった一冊。とにかく話が多くておなか一杯になってしまう。人種差別や薬と背景が暗い話も確かにあるけど、それをジョークのついたオチでうまくまとめているので後味が悪くない。2015/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/423554

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。