新潮文庫<br> リチャード三世 (改版)

個数:
電子版価格 ¥506
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
リチャード三世 (改版)

  • 提携先に31冊在庫がございます。(2021年09月22日 03時13分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102020111
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

身体に障害を負った野心家グロスター公リチャードは、兄のエドワード四世王が病に倒れると、王劇を狙い、その明晰な知能と冷徹な論理で、次つぎに残忍な陰謀をくわだて、ついに王位につく―。魔性の君主リチャードを中心に、薔薇戦争へといたるヨーク家の内紛をたどり、口を開いた人間性のおそろしい深淵に、劇詩人シェイクスピアが、真っ向からいどんだ傑作史劇である。

著者等紹介

シェイクスピア,ウィリアム[シェイクスピア,ウィリアム][Shakespeare,William]
1564‐1616。ストラトフォード・オン・エイヴォンに生る。20歳頃出郷、初めロンドンで役者、後に座付作者として活躍。本編はじめ約37編の史劇・悲劇・喜劇を創作。詩作にも秀で、エリザベス朝ルネサンス文学の巨星となる。47歳で突如隠退、余生を故郷で送った

福田恒存[フクダツネアリ]
1912‐1994。東京生れ。東大英文科卒。評論・翻訳・劇作・演出の各分野で精力的に活躍。芸術院会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

177
登場人物も多く、相互の関係も複雑であるために最初はやや分かりにくい。それもある意味では当然で、史劇『リチャード3世』には、それに先行する『ヘンリー6世』で描かれた史実が前提になっているからだ。シェイクスピアの作品群の中では比較的初期のもののようだが、その最大の魅力はリチャードの造型と、それを台詞で浮き彫りにしていく妙味だろう。この時代(史実は15世紀末、劇の初演は16世紀末)にあって、神を全く畏れることなく、悪の魅力を振りまくリチャード。史劇ゆえ、いたしかたないものの、最後が勧善懲悪で終わるのが残念だ。2014/04/29

アナーキー靴下

87
再読。『オセロー』のイアーゴーがとても格好良く見えた高校時代、シェイクスピアの悪役として名高いらしい本作を知り読んだ。当時はリチャードの悪党宣言を文字通り受け取っていたと思うが、今読むと悪党どころか最後まで揺るがぬ信念を持つ者のように見える。自らが選ばれることは誰かを蹴落とすこと、決意を鈍らせるだけの移ろいやすい良心など無用。悔やむ心は善ゆえでも、懺悔で罪が帳消しになる筈もない。どんな悪行を為しても大義名分によって正義になり、その陰には憎悪が芽吹く。味方がいなければ悪人として死ぬしかない、見事な歴史劇だ。2021/09/15

syaori

64
「お前達みんな、この男の憎しみの生贄となり、そいつはお前達の憎しみの生贄となるのだ」! この史劇で繰り広げられるのは呪いの儀式。その司祭たるリチャードは何と躊躇なく手を下してゆくことか。兄を、一族を、臣下を屠り、死んでゆく者や残された妻や子の、実の母親からの呪詛さえも身に受けて疾走しながら、しかし自分もいつかは生贄になることを知っている。彼らを笑う彼自身、「いずれすぐ死なねばならぬのだ」。それまでに「どこまで行けるか!」 呪詛や悲嘆の言葉をも煌めかせるシェイクスピアの言葉の強さ、その疾走感を楽しみました。2019/03/29

テディ

57
ランカスター派とヨーク派が覇権を争う薔薇戦争の時代。ヨーク派のグロスター公リチャードが残忍に政敵を粛清し続け、王に君臨する。最後は、リッチモンド伯の軍に攻撃を受けリチャードが敗れリッチモンドがエリザベス王女と結婚する。これでランカスター家とヨーク家が統一され戦いが終焉する。物語の太宗がリチャードの狡猾さ、残忍さ、豪胆な独善的な詭弁で占められており、これ以上にない悪役中心の舞台である。王子までが殺害されこれまでにない残虐性を感じた。他作品も同様と思うがこの作品こそ戯曲ではなく劇場で鑑賞するのがふさわしい。2015/11/07

みっぴー

50
《ナンバーズフェア》第八弾。ジョセフィン・テイの『時の娘』を読むために。いやぁお見事。悲劇と喜劇のハーモニー。軽快な台詞、罵詈雑言の嵐。リチャード三世が悪魔のごとき描かれていますが、『時の娘』を読んだ後は、また違った印象になります。圧巻は、後のヘンリー七世との戦いの前夜の夢のシーン。リチャード三世が手にかけた者達の亡霊が次々に出てきてリチャード三世を罵り、ヘンリー七世に祝福を与えるシーン。「絶望の餌食となれ!」痺れる。闇属性の技を使う前の詠唱か。シェイクスピアにキャラデザとかやらせてみたい。2018/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579482

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。