新潮文庫<br> 再会 - 慶次郎縁側日記

電子版価格 ¥770
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
再会 - 慶次郎縁側日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 412p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101414157
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイプ

16
慶次郎縁側日記の第二弾。何か事件が起こって原因を探り犯人を捕まえる。よかった。めでたしめでたしと終わらない、そういうどこかひっかかったままの結末が多いような気がする。でもそんなやるせなさを残した曖昧なところがまたいいです。そんなにすっきりわりきれるものじゃないものね、人の気持ちって。2015/03/04

Tosh!@既読本も登録中

10
やはりこの作品でも読みにくさが残る。下地は敷いてあるのに、伝わりにくい。たまにあるならいいが、よくあるのでちょっと困る。だが、この本では半ばあたり、「お見舞い」辺りでぐっと良くなる箇所が出てきた。スムーズに読み進められる。そのままかと期待したが、後半「再会」で再発。ほんの少しの言い回しで流れがぐっと良くなるのになぁと惜しい。編集者の責任もある。幾つかの光る言葉があり、人間をよく表現しているので、まだしばらく読み続けよう。高橋英樹と石橋蓮司を浮かべて。2015/10/14

shizuka

8
ほろりとさせられるお話が読みたくて。『最良の日』と『お見舞い』が良かった。期待通りほろりとしちゃった。蝮の吉次はあまり好みじゃないなあ。打算で動いているからだろうな。慶次郎縁側日記というものの、慶次郎が大活躍ってわけじゃなくて、ちょっと手助け、あくまでもお話のメインは違う人物ってのが、慶次郎の奥床さを現しててすてきだな。短編集は、区切りがつけられるので読みやすい。また違うの慶次郎にも会いに行こうー。2015/09/25

コニタン

5
北原亜以子さんといまひとつ相性が良くないみたいです。ちょっとしつこいというか馴染めない。2019/01/17

ゆりゆり

5
慶次郎の亡き一人娘、三千代の婿になるはずであった晃之介が皐月と結婚するのはドラマを見て知っていました。森口慶次郎の婿養子になった晃之介の嫁になるとき、皐月がどれほどの覚悟で嫁入りしたのかドラマを見て知っていた分、原作ではどのような描かれ方をしているのか楽しみで仕方なかったのですが、この「再会」にそのエピソードは載っていませんでした。少し残念です。「再会」以降の巻でいずれ語られる部分でしょう。楽しみにしたいと思います。2010/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/514857

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。