新潮文庫
外交敗戦―130億ドルは砂に消えた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 442p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101381145
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C0131

内容説明

それは、大蔵省、外務省の暗闘が招いた結果に他ならなかった―。湾岸戦争終結後、クウェート政府が発表した感謝国リストに“JAPAN”は存在しなかった。130億ドルもの国家予算を投じ多国籍軍を支援しながら、ニッポンを迎えたのは、世界の冷笑だった。戦略なき経済大国の「外交敗戦」を、『ウルトラ・ダラー』の著者が圧倒的な情報力で描ききる。

目次

プロローグ 「極東のクウェート」と呼ばれた日本
第1章 手さぐりのミッション
第2章 策士たちの秋―バンダルとベーカー
第3章 日本への遺書
第4章 中東貢献策漂流す
第5章 会議は踊る
第6章 「Dデー」を探れ
第7章 テヘラン発緊急電
第8章 密室の「湾岸方程式」
第9章 ハシモト蔵相の光と影
第10章 痛恨の二元外交―日本敗れたり

著者等紹介

手嶋龍一[テシマリュウイチ]
1949(昭和24)年、北海道生れ。NHK政治部記者として外交・安全保障を担当。その後、ワシントン特派員、ハーヴァード大学国際問題研究所フェロー、ボン支局長を経て、NHKワシントン支局長をつとめる。9・11事件に際して11日間の連続放送を担当。2005(平成17)年独立して外交ジャーナリスト・作家となる。また早稲田大学政経学部の大学院客員教授として「映像ドキュメンタリーと国際政治」を担当し後進の指導にも取り組む。’06年に発表したインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』は出版界に大きな衝撃を与えた。いま最も注目されるジャーナリストの一人である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぇるけん

13
小説形式だが、限りなく事実に近いドキュメンタリー。湾岸戦争で1兆円超もの戦費を投じたにも関わらず、クウェートの感謝リストに日本は含まれなかった。外務省と大蔵省の二元外交、米国の恫喝と日本に対する世界の冷笑、日本国民ならば知っておくべき事件。イランで極上のインテリジェンスを入手したチームや、クウェートで米国の外交官を守った大使館員など、現場レベルでキラリと光る活躍はあったものの、それを国益として活かしきれない日本政府の体質が残念だ。『国益より省益』と言われないような『チームJAPAN』の結束を期待する。2015/09/04

横浜中華街

10
1991年に起きた湾岸戦争の勃発に至るアメリカ政府の内幕と資金協力を要請された日本政府のやりとりの内幕を詳細に描いている。著者は日本政府の「外交敗戦」の原因を主に大蔵省と外務省の二元外交にあると結論づけている。「松永は日米の蔵相会談から一国の全権大使が排除される異常さを事あるごとに警告してきた。こうした事態を放置すれば、国の外交は二元化し、国益を著しく損なってしまう、というのが彼の主張だった。だが政治家もそして霞が関の官僚たちの多くも、これを外務省対大蔵省の単なる省益抗争としかみなさなかった。」 2020/04/12

takakura

10
官僚は自分の所属する省庁を「うちの会社」と呼ぶと何かで読んだ気がする。「痛恨の二元外交」の章は、外務省と大蔵省の意地の張り合い・足の引っ張り合いに、ただひたすら腹を立てながら読んでしまいました。「省益」を優先した結果「国益」を損ずるとかバカみたい。さすがに今はもう少し改善していることを願っています。世界平和への貢献に対する日本の微妙な立ち位置など私のパープリンな頭でも少しだけ理解できました。2017/08/04

しんこい

9
危機的状況において、日本の組織が機能しない話を読むのは何度目か。あまり学習しないのか?イラクにとらわれた人たちの組織的協力の強さや、イランで諜報の成果も載っているだけに、日本人が無能とか智謀にかけるというわけでもないので、自分たちの事ながら不思議です。2014/09/15

shiozy

9
ブログ読者さんからこんなコメントをいただいた。「手嶋さんは、20年くらい前に首相官邸の記者クラブで向かいの席に座っておりました。取材力も素晴らしかったけど、文章にまとめて行く力もハンパじゃないんですね」 取材力はほんとに素晴らしい。しかし、文章は少々硬い。本書も小説というより、外交記録に近い。それを割り引いても、すごい取材力であるな。2014/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490136

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。