新潮文庫<br> 指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく

個数:
電子版価格 ¥539
  • 電書あり

新潮文庫
指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年02月29日 23時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101133287
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0195

内容説明

神風特別攻撃隊第一号に選ばれ、レイテ沖に散った関行男大尉。敗戦を知らされないまま、玉音放送後に「最後」の特攻隊員として沖縄へ飛び立った中津留達雄大尉。すでに結婚をして家庭の幸せもつかんでいた青年指揮官たちは、その時をいかにして迎えたのか。海軍兵学校の同期生であった二人の人生を対比させながら、戦争と人間を描いた哀切のドキュメントノベル。城山文学の集大成。

著者等紹介

城山三郎[シロヤマサブロウ]
1927(昭和2)年、名古屋生れ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎えた。一橋大卒業後、愛知学芸大に奉職、景気論等を担当。’57年、『輸出』により文学界新人賞、翌年『総会屋錦城』で直木賞を受け、経済小説の開拓者となる。吉川英治文学賞、毎日出版文化賞受賞の『落日燃ゆ』や『毎日が日曜日』『もう、きみには頼まない』等、多彩な作品群は幅広い読者を持つ。2002(平成14)年、経済小説の分野を確立した業績で朝日賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

233
なんとも言えない読後感です…。ある程度は想像してましたが、やはり実際に読み終えると、悲しさだけではない感情が残ります。やるせなさ、刹那さ、哀しさなどが終始押し寄せてきます。なぜ、こんなコトが起きていたのか、どうしてあんなコトになったのか、とにかく頁をめくるたびに、行く宛のない悲しみや苦しみが次々とわいてきます。終戦直前の日本、「カミカゼ」と言われた特攻は自殺攻撃以外のナニモノでもなく、そんな理不尽な作戦に参加し、儚くも散っていった若き士官達の姿に涙しか出てきません。今一度、平和について考えるべきですね。2016/08/07

yoshida

189
あの特攻とは何だったのか。日米開戦前の予想通り、日本軍は米軍の物量と兵器の差に押され敗色は濃厚となる。日本軍は統率の外道である特攻作戦を開始。レイテで散華した関行男大尉、玉音放送後に宇垣纏長官の最後の沖縄特攻で散華した中津留達雄大尉。この二人を軸に特攻を描いている。生還を期さない特攻。日本はそこまで追い詰められた。特攻で散華した将兵は郷土を守るために、その任務に赴く。彼等は殆どが十代後半から二十代の前途洋々たる若者だった。束の間の幸福が花びらのごとく散る。先人達の苦労の末に今の日本がある。忘れてはならない2016/08/10

ゴンゾウ@新潮部

119
敗戦が決定的であった中、捨て身の本土決戦を繰り広げ多くの若者を犠牲にした目的はなんだったのか?敗戦を受け容れるよりも玉砕を選択した日本軍、なんだったんだろう。「戦争を書くのは辛い。書き残さないのはもっと辛い。 」と言われた城山さん。残された私達は読むのはとても辛い。けれども絶対に読まなければならない。2016/10/01

扉のこちら側

101
初読。2015年1247冊め。以前に何かで読んだ「玉音放送の後に飛び立った最後の特攻隊」のことがわかった。恐ろしい兵器に登場して亡くなっていく青年指揮官たち、銃後の人たちの哀しさ。戦争を経験していない世代の書いた本も増えて来たが、実際に体験した世代の記録は大事にしていきたい。2015/12/26

yomineko@猫屋敷寧ろ暑い

84
余りの悲しさに途中で何度も手を止め乍ら読破。自分の大学まで出て来てとうとう読めなくなりYouTubeで学徒出陣の動画ばかり観ていたら余計辛くなった。表紙になっているのは共に23歳で散った士官。奥様お子様を残され、出陣。酷いのは終戦になっているのを知らされずに散った写真右の中津留大尉。上官が知らせなかったのだ。解説の澤地久枝さんも怒りを露わにしておられる。米国に展示されている桜花にはあろう事か「BAKA BOMB」と記されている。莫迦な爆弾!何て失礼な!!!彼らは英霊であり戦争に虐殺された方々。2021/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/548617
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。