新潮文庫<br> 冬の派閥

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

新潮文庫
冬の派閥

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月04日 21時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 412p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101133171
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

186
幕末の尾張藩の勤王・佐幕の対立が生み出した血の粛清劇〈青松葉事件〉を描く。 このことがやがて、明治維新後、尾張藩士の北海道移住を まねくことになるが・・城山三郎が描く徳川慶勝が リンとしており、好感を覚える。 かつての指導者には「運命を受け入れる」素直さのようなものが あり、潔い。時代の転換期には、こういう潔い先人たちが 多かったのだろうか。 2014/05/06

chantal(シャンタール)

96
三万石の小さな支藩から御三家筆頭の尾張藩主となった徳川慶勝。とにかく律義で「熟察」を旨とする彼のリーダーシップは平時には良かったのだろうが、あの時代ではただ勢いや権謀に翻弄されるだけ。とにかく「逃げるが勝ち」の従兄弟、慶喜の尻拭いを押し付けられるだけ、ずっと勤皇の立場でありながら維新後も尾張藩出身者で政界に活躍する人はとても少数だった。実弟の松平容保、桑名藩主定敬も翻弄され続けた形。気の毒でしょうがない。尾張にも勤皇対佐幕の争いがあり、その善後策で北海道の開拓に行かされた人たちの過酷さにも胸が詰まった。2020/03/04

さつき

74
最近『葵の残葉』を読み幕末の尾張の窮状は承知しているつもりだったけど、想定以上に重たい読後感です。読み終えてしばらく放心状態になりました。次々変わる局面でことごとく慶喜の尻拭いをさせられる慶勝にも同情しますが、何より維新後の開拓話しが辛い。雪に羆にバッタ…困難ばかりが降り掛かる中で辛抱を重ねた人々が大勢いたこと。忘れません。2020/08/26

壮の字

71
慶勝(よしかつ)、慶喜と海舟のコラボではない。御三家でありながら、藩祖の遺訓「王命によって催さるる事」を奉じ尊王を貫く、徳川慶勝が主人公。安政の大獄で水戸斉昭とともに隠居を命じられ、専ら「御老公」として登場する。藩主には弟・茂徳が、会津藩主・容保、桑名藩主・定敬も弟。慶喜はいとこ。面白いポジションである。幕末のほどんとのイベントに勝ち組として参加するも精勤手当すらもらえず、つねに割りを食わされることに。彼の消極性が革命の犠牲を最小限に抑えたともいえる。郷土作家・三郎さんの筆による、島津ではなく城山の。2017/06/10

kawa

53
著者珍し?幕末ものだが、またも知らなかった悲劇の存在にびっくり。主人公は徳川御三家筆頭の尾張藩主・徳川慶勝。生真面目な勤王派であるがゆえに、いとこである最後の将軍・慶喜に振り回され、さらには、薩長側公家・岩倉らの謀略により三重臣十一士処刑という「青葉松事件」を生来させられる。慶勝の目から見える風景が従来の幕末ものと異なり興味深くも刺激的だ。ある意味「事件」の勝者でもある尾張藩勤王派・金鉄組の面々、維新後の北海道・八雲での開拓生活の苦闘も読みどころ。慶勝・慶喜好対照な指導者振り。その在り方も考えさせられる。2020/03/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/518085

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。