集英社新書<br> 「情報人」のすすめ―IT時代を生きるメディオロジー

集英社新書
「情報人」のすすめ―IT時代を生きるメディオロジー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 235p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087200812
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0204

内容説明

IT革命やら、デジタル・デバイドやら、わけのわからぬ新語が飛び交って、21世紀の「情報」の森の中で、迷子になった気分の人も多いはずだ。たしかに、現代は「情報の黒船」がやってきた新時代の幕開けだ。しかし「情報」というのは、本来ただの道具のひとつにすぎない。道具だから、使い方がある。つまり情報を正しく使って、賢いつきあい方をすれば「情報なんてこわくない」のである。そして、情報と社会の関わりを正しく理解するための「メディオロジー」を身につけた「情報人」をめざそう。本書はIT時代を積極的に生きぬくすべを提示している。

目次

第1章 安全神話の崩壊―ITという黒船
第2章 新しいメディア文化を作る
第3章 メディアが演出する「戦争と平和」
第4章 メディアの社会進化論
第5章 「失われた一〇年」を解読する
第6章 二十一世紀ジャーナリズムの可能性

著者等紹介

柴山哲也[シバヤマテツヤ]
1970年に朝日新聞記者になり、主に文化関連の記事執筆のために世界各地を取材。1994年に退職し、ハワイのシンクタンク東西センターやハワイ大学の客員研究員となる。帰国後国際日本文化研究センター客員教官、京都大学非常勤講師を歴任し、現在京都女子大学教授。著書に『日本型メディア・システムの崩壊』『ヘミングウェイはなぜ死んだか』『キリマンジャロの豹が目覚める』等。専門は情報文明論、メディア産業論
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。