• ポイントキャンペーン

体育会力―自立した「個」を育てる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784072870204
  • NDC分類 780.7

内容説明

なぜ、企業は「体育会」出身者を採用するのか?体力がある?打たれ強い?「上下関係」を尊重する?「体育会」のホントの強みは、じつはソコではなく…。世界を狙うトップアスリートを創る早稲田大学競走部礒繁雄監督が、価値ある人材が育つ組織づくりの秘密を初めて明かす。

目次

第1章 なぜ、企業は体育会出身者に注目するのか?(なぜ体育会出身者は就職に有利なのか?;そもそも体育会とは何か? ほか)
第2章 努力と挑戦を重ねるところから得られるもの(陸上選手はかけっこの優越感から誕生する;「かけっこ」はどこから「競技」となるのか? ほか)
第3章 「個」が育つ「体育会」をつくる(体育会は形を変えていく有機体;僕が目指す体育会 ほか)
第4章 一流ではない僕が指導者として持っているもの(スポーツ指導は「ボランティア活動」;自ら「考えて競技する」選手を育てる ほか)
第5章 新しいアスリートが育つ体育会(体育会の成熟の証(あかし)
学生スポーツを全うさせること ほか)

著者紹介

礒繁雄[イソシゲオ]
早稲田大学競走部監督。1960年栃木県生まれ。早稲田大学競走部時代、1981・82年日本インカレ110mハードル連覇。1982年アジア競技大会6位入賞。日本体育大学大学院、同大助手を経て、関西学院大学で教鞭をとり、同大学陸上競技部を16年間指導。2003年早稲田大学に戻り、2006年同大学競走部監督就任。同部の組織・選手育成・寮改善等の改革を実行しチーム力を高めた。2010年から2011年にかけて出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝と三大大学駅伝制覇、さらに2011年関東インカレ70年ぶりの総合優勝、同年日本インカレ53年ぶりの総合優勝に導いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)