健康ライブラリーイラスト版<br> 依存症のすべてがわかる本

個数:

健康ライブラリーイラスト版
依存症のすべてがわかる本

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2017年04月27日 20時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B5判/ページ数 98p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784062594172
  • NDC分類 493.7

目次

1 「どうしてもやめられない」―依存症とはなにか(二つの依存―依存症へと進むのは「悪い依存」;依存する心―さびしさを埋めて「安心」を得たい ほか)
2 「人とかかわるなかで安心したい」―対人依存(対人依存の心理―しがみつきたい、コントロールしたい;依存性人格障害1―頼るだけで自分自身が確立していない ほか)
3 「○○していれば幸せ」―プロセス依存(プロセス依存の心理―解放されたい、ワクワクしたい;仕事依存1―趣味が仕事、特技が残業! ほか)
4 「食べたい、飲みたい」―物質依存症(物質依存症の心理―心も体も気持ちよくなりたい;物質依存症のしくみ―脳を興奮させて快感を得る ほか)
5 結果は本人が引き受ける―回復へのルート(否認―本人が依存症を自覚することから;生活習慣1―ワーク&ライフバランスを見直す ほか)

著者紹介

渡辺登[ワタナベノボル]
1976年日本大学医学部卒。80年同大学院(精神医学)修了。医学博士。84年国立精神衛生研究所研究員、厚生省保健医療局精神保健課併任。86年国立精神・神経センター精神保健研究所研究室長。現在は日本大学医学部精神医学系准教授、駿河台日大病院精神神経科部長。91年冲永賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)