獣の奏者〈2〉王獣編

個数:

獣の奏者〈2〉王獣編

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 22時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 422p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062137010
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

祝!アンデルセン賞作家賞受賞「自然や生き物に対する優しさと深い尊敬の念に満ちた」累計200万部突破の壮大なファンタジー!!祝!アンデルセン賞作家賞受賞「自然や生き物に対する優しさと深い尊敬の念に満ちた」累計200万部突破の壮大なファンタジー!!

上橋菜穂子の待望長編ファンタジー2王獣編決して人に馴れず、また馴らしてもいけない生き物とともに生きる宿命の少女・エリン。憎悪と呪い、孤独と悲しみのなかでやさしく凛々しく生きる孤高の魂の物語。

上橋 菜穂子[ウエハシ ナホコ]
著・文・その他

内容説明

傷ついた王獣の子、リランを救いたい一心で、王獣を操る術を見つけてしまったエリンに、学舎の人々は驚愕する。しかし、王獣は「けっして馴らしてはいけない獣」であった。その理由を、エリンはやがて、身をもって知ることになる…。王国の命運をかけた争いに巻きこまれていくエリン。―人と獣との間にかけられた橋が導く、絶望と希望とは?著者渾身の長編ファンタジー。

著者等紹介

上橋菜穂子[ウエハシナホコ]
立教大学大学院博士課程単位取得。専攻は文化人類学で、オーストラリアの先住民族アボリジニを研究。女子栄養大学助手を経て、川村学園女子大学助教授。著書に『精霊の木』『月夜の森に、カミよ眠れ』(日本児童文学者協会新人賞)、『精霊の守り人』(野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞)、『闇の守り人』(日本児童文学者協会賞)、『夢の守り人』(『精霊の守り人』『闇の守り人』と三作合わせて路傍の石文学賞)、『虚空の旅人』(『精霊の守り人』『闇の守り人』『夢の守り人』と四作合わせて厳谷小波文芸賞)、『神の守り人』(小学館児童出版文化賞、児童福祉文化賞、JBBYオナーリスト)、『蒼路の旅人』『天と地の守り人ロタ王国編』、『孤笛のかなた』(野間児童文芸賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

204
「卒舎ノ試し」つまり卒業試験で、主席になるエリン。 ユーヤンとの別れ。 師のエセルとともに教える。 育てていたリランとエクに子供が。 祝ってかけつける真王ハルミヤが殺害される。 真相を知っているイアルが傷をおってエリンのもとへ。 話は回り回って大団円。 獣に傷つけられるエリン。 裏切りに合う次の王セイミヤ。 悲しみを超えて、次の世代にひきつぐ。 文庫版では、なぜこの完結した2作にさらに2作が加わったかが、アニメ化のための打ち合わせによるとのこと。 アニメによる原作者を入れた改変にも興味が。2014/04/06

nyanco

130
師・エソラの忠告を聞き入れることなく笛を使わずにリランを育てるエリン。しかし気の緩みからリランに襲われ指を失う。ここが凄い!児童書でありながら、きちんと描く作者の姿勢が見事。リランに笛は吹かないと決めていたが笛を用いざるを得なくなったエリンとリランの間には微妙な距離が生まれる。リランとの距離は埋めようがないと思っていたエリンの窮地、もう己の死を覚悟したエリンのところに戻ってきたリラン。胸がギュッときました。(続)2010/01/14

ちはや@灯れ松明の火

97
古の咎無き民が流した血溜まりの上に歴史は描かれた。荒廃と後悔から始まった掟はいつしか形骸化し錆びた鎖となって人々と獣を縛りつける。肉親の縁薄い少女はその孤独の分だけ心囚われることなく世界を識ることができた。虚飾の平穏は剥がれ落ち、愚かで狡猾な欲望が姿を現す。其処に神聖さと穢れの境界など最早ない。少女と心身傷ついた幼獣は出逢い、巡る年月を寄り添い生きる。互いの間に在るのは単純な愛情と信頼だけではなく、相反するような負の感情が複雑に絡み合う。だからこそその絆は強固で断ち切り難いのだろう。2009/12/25

にく

94
リランがエリンを助けるために戻ってきたシーンでは、感無量というか、胸が熱くなったというか、じんわりと感動がしみ渡るというか、もーーいっぱいいっぱいになった。先人の知恵をかりることなく、自分の力だけで王獣と向かい合うエリンには、正しいとか間違ってるとか断じることはできない。その信念の強さにも心打たれる。2010/08/27

ゲンショウ

87
私は、あなたを知りたい。あなたが私を知らなくてもいい…。彼の民が隠しき知…彼の子が白日に…。人は、知ってしまった事を使わずには居られない。そして…君も、その知識を使う…それが、最善と信じ、決断する。人は、矛盾を孕む生き物。…いや、命は矛盾。矛盾は、牙を剥き理解を拒む。でも、その矛盾故の奇跡が在ると…その獣は、慈しむ様に、その顎に君を挟み天空に舞い上がる。嗚呼…細く拙い絆でも、それは在ると信じたい。…知りたくて、知りたくて。ただ、あなたの事が知りたくて…。2014/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/577206
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。