• ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
旅の時間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061984622
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

旅の時間に託した人生哲学。大人の小説

酒を愛で、食通として知られた著者は、気儘な旅を好み、名作『金沢』によって、月明かりの世界に、古都の漆のように艶やかな魅力を妖しく浮かび上がらせ、『時間』によって、独自な人生哲学を語った。自在な空想と想像力を駆使し、パリ、ロンドン、大阪、神戸、京都など親しく馴染んだ土地を舞台に、「生の意義」を思索した連作短篇集『旅の時間』によって、日本近代文学は確かな、ゆとりある大人の小説を得た。

清水徹
個々の作品の排列には特別の意図があったとは想像しにくいが、読んでゆくと一作ごとに≪時間≫の語られ方の気分がさらりと変えられていて、そうした短篇の排列具合から微妙に変化するリズム感が感じられる。≪旅の途中の時間≫と≪旅先での時間≫ではそれぞれに、時間の受けとめ方が、あるいは時間と空間の関係が、微妙に、しかし確実にちがう。その微妙な差異を吉田健一は独特のしなやかにうねる文章によってみごとに表出している。――<「解説」より>

吉田 健一[ヨシダ ケンイチ]
著・文・その他

清水 徹[シミズ トオル]
解説

内容説明

酒を愛で、食通として知られた著者は、気侭な旅を好み、名作『金沢』によって、月明かりの世界に、古都の漆のように艶やかな魅力を妖しく浮かび上がらせ、『時間』によって、独自な人生哲学を語った。自在な空想と想像力を駆使し、パリ、ロンドン、大阪、神戸、京都など親しく馴染んだ土地を舞台に、「生の意義」を思索した連作短篇集『旅の時間』によって、日本近代文学は確かな、ゆとりある大人の小説を得た。

目次

飛行機の中
昔のパリ
大阪の夜
英国の田舎
東北本線
ニュー・ヨークの町
ロンドン
神戸
京都
航海

著者等紹介

吉田健一[ヨシダケンイチ]
1912・3・27~1977・8・3。批評家・作家。東京都生まれ。ケンブリッジ大学中退。外交官の父吉田茂(後の首相)の任地に従って中国、フランス、イギリスで育つ。1931年、大学を退学して帰国。ポーやヴァレリーの翻訳から文学活動を開始し、39年、中村光夫らと同人誌「批評」を創刊。戦後は翻訳、評論、随筆と一挙に幅広い活動を始め、言葉による表現の重要性を唱えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件