講談社文芸文庫
ロング・グッドバイ―寺山修司詩歌選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 241p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061982901
  • NDC分類 911
  • Cコード C0192

内容説明

昭和二十九年、十八歳で「短歌研究」新人賞を受賞。二十一歳の時最初の作品集『われに五月を』を刊行。「天井桟敷」の設立ほか多分野に亘って人々を魅了した寺山修司の代表的作品群を新編集。詩、短歌、俳句、物語、散文詩の五章で構成し、未刊詩集、未刊歌集、絶筆、遺稿等を含め収録。「私という謎寺山修司エッセイ選」と対をなす決定版詩歌集。

目次

1 詩(五月の詩;未刊詩集ロング・グッドバイ;劇詩集銀幕哀吟)
2 短歌(初期歌篇;空には本抄;血と麦抄;田園に死す抄;テーブルの上の荒野抄)
3 俳句(初期句篇;後期句篇)
4 物語(かくれんぼ;ケ・セラセラ;海には言えない;母恋春歌調;浪曲新宿お七)
5 散文詩(死のジャンケン;自分だけのもの;世界は日の出を待っている;壁ごしのアフリカ;Dig;少年のための「Home Again Blues」入門;ベッドからの正しい出かた;墓場まで何マイル?(絶筆)
懐かしのわが家(遺稿))

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

16
詩、短歌、俳句、物語、散文詩を収録。どこかもの悲しく、惹かれるものがあった。永遠の孤独、少年。「私は、私自身の父になることで、せい一杯だったのである」に象徴される思い。解き明かしたくとも解き明かせぬパズルをもらった気分だった。2011/09/07

みーまりぽん

14
最初期の作品から最晩年の絶筆・遺稿までと時間的にも、俳句・短歌・詩・散文詩など形式的にも、寺山修司の全体像がつかめるような作品集。 自分としては音楽的要素の絡んでる作品が好きだったかな。とっつきやすかった、というだけかもしれませんが。 そして、俳句や短歌にはあまり感じるところが、、 字余り多すぎで575や57577の縛りの意味がなくない?、とは思ったけど。。 音数制限こそが短歌や俳句の意味だと思うんだけど違うんだろうか。2014/12/05

よし

5
寺山修二の詩、短歌、俳句、物語、散文詩を集めた本。詩の中には難解なものもありましたが、寺山さんの才能や複雑な人間性を感じさせます。「かくれんぼ」や「海には言えない」、「浪曲新宿お七」などの5篇の物語が気に入りました。2016/04/12

りりり

4
詩がとにかく良かった。2015/12/14

ホレイシア

4
この雰囲気、何ともいえずいいのです。これだけは残してある(はず)。2008/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/524654

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。