講談社文芸文庫
戦後短篇小説再発見〈9〉政治と革命

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061982697
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

時代の転回点で激しく噴出するエネルギー。状況の変革を求めて行動する人間の苦悩と抵抗を照射する十二篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kasim

35
苦手意識があって避けてきたテーマ。直接的に安保闘争や学生運動を扱ったものもあるが、より間接的で普遍的なものも入っている。再読だが林房雄「四つの文字」はやはりすごく、古井由吉「先導獣の話」は「朝の群集の静けさ」を切り口に都市生活の疎外を見つめ、高橋和己のピリッとしたSF風の掌編「革命の化石」はフォースターの短篇を思わせる。2019/06/16

踊る猫

10
「戦後」の、主に朝鮮/韓国との屈折した関係や学生運動を扱ったものが本書には収められている。好みの問題で言えば古井由吉「先導獣の話」が良い。既読だったのだけれど、この作品を「政治と革命」という角度から読んだことはなかったので、いつもながらシャープな井口時男氏の解説を読み唸らされてしまったのだ。あとは初読みである高橋和巳が意外な(やや堅苦しいけれど)スパイスの効いたショートショートを残しており、こういう機会でなければ読めなかったと感謝している。結構ヴァラエティに富んでおり、その分合わなかった作品もあったが良い2016/08/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/513738

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。