講談社文芸文庫<br> 紋章

電子版価格 ¥1,111
  • 電書あり

講談社文芸文庫
紋章

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784061961852
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

自意識の分裂に悩み戸惑う知識人の久内と、狂気のような熱情をこめて醸造技術の発明に没頭する一途な男雁金。ふたりの対照的な成り行きに、近代の合理的な人間認識と“日本精神というもの”との相剋を見る。漱石、芥川以来の「西欧的近代と向き合う人間」というテーマを内包しつつ、“第四人称”の「私」という独自のスタイルで物語る。晩年の『旅愁』へと向う前の著者中頃の代表的長篇小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

げんがっきそ

2
普通に読んで面白かったのだが、横光利一の狙いがどこにあったのかが僕には見定めがたかった。というのも彼のせいというよりは非常に仕掛けの多い小説であるからだと思う。主要な主人公の対比、私の立ち位置の異様さ、エゴの掛け合いとその意思を超えた「紋章」なる証など多用な要素が見受けられた。彼のこれまでの努力や技術の結晶を目一杯に並べた見本市のような印象だった。一読する価値は高いと思う。2021/08/01

1
「私」の位置が非常に変であった。雁金の発明の過程等々は解説の小島信夫が述べるように魅力的である。雁金のモデルは「長山正太郎」らしい。2011/05/31

ぼんくら

0
世間的には毀誉褒貶の多い一冊だが、私は好きな方に軍配。 横光が終生描きたかったテーマが、世間の目から見たときに悲劇だと呼ばれる、英雄の存在。 英雄は常に、A=Bを跨いで、A=Zを結論づける思考を持ち合わせている。 本書における雁金(名前がまた良いよな……笑)がその立ち位置で、横光作品の《狂人》の系譜に名を連ねる登場人物だけれど、彼を描くことで、その彼を排斥せずにはおれない社会の病理を、視点人物「私」から異様な速力を以って描写するあたり、横光の一番脂の乗っていた時期を髣髴とさせる。2008/11/18

ヒロ

0
専門的な発明や茶会の描写もそれぞれの人物の対比的な書き方も面白かった。解説でもあったが、「私」の位置が不思議で、筆者の技巧への挑戦が伺えた。主人公(?)の2人が上手く描かれていて、読み物としての面白さもいくらかあったように思う。2012/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/25033

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。