講談社文芸文庫<br> 日本近代文学の起源

  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
日本近代文学の起源

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 270p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784061960183
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

内容説明

“歴史主義的普遍性”の基盤を鋭くくつがえし、新たな思考の視座を布置・構築して行く、最も現代的な“知の震源”・柄谷行人の鮮やかにして果敢な知的力業。名著『マルクスその可能性の中心』に続く快著。

目次

1 風景の発見
2 内面の発見
3 告白という制度
4 病という意味
5 児童の発見
6 構成力について

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mm

31
高橋源一郎さんの日本文学盛衰史を読むと、この本のことを思い出して再読。なんといっても最初の「風景の発見」がインパクトがあった。風景はそこにあるのだが、それを見る主体の内面が無くては、風景が風景として存在することができない。風景としては見えないんだよね。まず、私があって、私に見えるものがあって、やがて私が私をどう見るかになっていく。ある制度が成立すると、それがなかった時には遡って想像するのはとても難しいと言う話は、今となってはめずらしくないけど、30年前には新鮮だったハズ。今回は病気のところが印象的だった。2018/08/17

mm

16
ついに来たよ〜柄谷行人。賢そうな人から「えー!柄谷行人読んでないの?」と鼻先で笑われるみたいなイメージしかなかったので、チョットびびっていました。大丈夫です。ちゃんと読めました。35年位前に発表されたらしく、内容は孫引き曽孫引き位で断片的にかみくだかれたものを所々聞き及んでいるので、目からうろこの新鮮さというわけではありませんでした。が、まとめて読むことで整理のついたことも色々あったし、明日すぐ使えるハッキリ名言も沢山あったので、抜き書きしておこう。2014/10/25

naoudo

13
告白という制度。1文学史的常識を疑う。告白するという義務が、隠すべきこと、「内面」を作り出す。田山花袋『蒲団』には、日本文学における性とはまったく異質な性、抑圧によってはじめて存在させられた性が書かれた。2キリスト教であることが忘れられたときにこそ、キリスト教的な転倒は活きてくる。西欧の「情熱恋愛」がたとえ反キリスト教的なものであっても、キリスト教のなかでこそ発生しえた「病気」である。2016/10/22

パラ野

12
再読。「告白という制度」と「児童の発見」が個人的課題。登場人物の過去についてなぜ事細かに書かれるのか。小説の形式としての機能不全家庭の中にいる子供の内面的独白の作り物感について、考えるヒントになるわけで。制度によって作られたものとしてのトラウマとかいろいろ。「告白という制度」の性欲に関する部分はノートに整理しておくこと。2014/09/20

東京湾

10
漱石はなぜ「文学論」を書く必要があったのか。本書はそれを端緒に、日本近代文学の成立と構造について解析する。「風景の発見」は正しく近代文学の"起源"を暴く論考であり、風景が見出されるには先んじて「内向」があって、内面の誕生があって初めて風景が生まれるという転倒が興味深い。その「内面」の発見については言文一致体の誕生に起因するものであるというのも面白かった。如何せん知識不足で理解が及ばなかった点が多々ある。日本文学読解にあたり重要な書であることは間違いないので、いずれ読み直したい。2020/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/548548

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。