講談社文庫<br> 白い航跡〈上〉

講談社文庫
白い航跡〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061856790
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

明治初年、海軍・陸軍軍人の病死の最大原因は脚気であった。その予防法を確立し、東京慈恵会医科大学を創立した高木兼寛の不屈の信念と人類愛にみちた生涯を描く歴史ロマン―薩摩藩軍医として、戊辰戦争で見聞した西洋医学に兼寛は驚き、海軍に入ってからはイギリスに留学し、近代医学を修め、帰国する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レアル

60
高木兼寛物語。奥羽戦争に兼寛が従軍した事により今の蘭学が全く役に立たない事を思い知る。この巻の前半は、鎖国時代最新医療とされてた蘭学から、実際蘭学よりも遥かに先進医療であり、かつ幕末の勝者薩摩の懇意の英西洋医学へ傾きかけたが、日本は独医学を採用する事となった時代背景が描かれている。そんな中主人公で薩摩の兼寛は英の西洋医学を学び、海軍軍医療首長という師を持つ影響もあり海軍に入り遂に英留学を果たす。陸軍省、文部省は独医学なのに海軍省だけが英医学の疑問がとけた。帰国後の兼寛の活躍が楽しみ。2017/07/26

kawa

38
高木兼寛。脚気の治療法を研究し「ビタミンの父」と呼ばれた方だそうな。全く知らなかった明治の偉人。薩摩藩(宮崎県)出身、鳥羽・伏見の戦いから会津戦まで官軍の医師として従軍、医療知識や技術の貧困に発奮、本格的西洋医学を身につけるための前半生が上巻。戊申の役、鹿児島での修行、海軍軍医、ロンドン留学と、いつもながらの吉村流筆致に徐々に引き込まれる展開で下巻へ。2021/02/25

しおつう

25
先日、同著者の大作『ふぉんしーふぉるとの娘』読了にて、日本の西洋医学の幕開け時代についての様相を概ね理解することができた。今回、時代は少し下るが、まだまだ未熟な西洋医学を熟成させるべく奔走する高木兼寛の物語。これまで読んできた吉村昭作品の特徴をそのまま継承しており、特筆すべき点は見当たらないが、とにかく下巻へと続く。2017/02/03

まーみーよー

23
慈恵会医科大学を創立した高木兼寛を描いた歴史ロマン。上巻は、戊辰戦争から兼寛のイギリス留学まで。薩摩藩の大工の息子である兼寛が勉学に励み、才能を見いだされて中央にまで出世してゆくさまが素晴らしい。抜群の頭脳だけではなく両親や恩師始め、兼寛の周りの人間に恵まれていたところもあるのかな。明治時代初期、西洋医学をとりいれる際、ドイツ医学とイギリス医学のどちらを日本が採用していったのかが興味深かった。この辺は下巻に森鴎外がでてくるようなので関係あるのかしら。2021/07/07

TheWho

10
明治初期海軍の脚気の撲滅に尽力し「ビタミンの父」とも呼ばれ、後に東京慈恵会医科大学を創設した高木兼寛の生涯をノンフクション小説の大家である著者が描く歴史記録文学。上巻では、薩摩の片田舎で大工の一人息子と誕生した主人公が、封建社会の中で立身出世を志して医学の道に進むが、戊辰戦争に従軍した事が切掛で英語と西洋医学を学び認められ、海軍医から英国留学で最優秀学生の表彰を受ける。物語は、様々な人に影響を受けながら勉学に励む主人公の健気さが印象的だった。英国留学を終えいよいよ主人公が、日本で活躍する下巻が楽しみです。2015/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/545259

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。