講談社学術文庫<br> 国語の将来 (新装版)

講談社学術文庫
国語の将来 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 343p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061587137
  • NDC分類 810.4

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てれまこし

0
日本語の根源の複数性を否定し、国語の統一を唱えるという意味ではナショナリズムの一種と言える。だが、国語学者ではなく使用者として国語問題に物申すという姿勢、不自然な国語が多くの国民を片言しか言えない二級市民にしているという主張、子供も含む庶民の言語能力を評価し、国民参加による標準語策定を唱えるところなどが、柳田らしい。やたらに難しい漢字熟語を使い始める当時の時勢の間接的批判にもなっている?日本的精神を表すシンボルとしての国語ではなく「使える国語」をという視点は、現代の国語教育の批判としても有効である。2017/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2269977

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。