学研新書
一度は拝したい奈良の仏像

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 261p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054038554
  • NDC分類 718
  • Cコード C0271

内容説明

奈良時代、異国から伝わって間もない仏教への信仰は、仏像に刻みつけられ、現在もなお輝き続けている。興福寺の阿修羅像は、なぜ少年のような童顔に造られたのか?法隆寺の釈迦三尊像に隠された仏師の演出とは?…各々の仏像に秘められた謎を解き明かし、さらなる魅力を発見する、仏像ファン必携の書。写真・図版50点掲載。

目次

ほとけの顔きらぎらし―飛鳥寺・釈迦如来坐像
聖徳太子その人を眼前に拝する―法隆寺釈迦三尊像
人々を救う霊気と慈愛と―法隆寺・救世観音立像、百済観音立像
慈母の微笑に安らう―中宮寺・菩薩半跏像
如来像の理想の姿に酔う―薬師寺・薬師三尊像
少年阿修羅に託す夢―興福寺・阿修羅立像
謎の仏を生み出した極限の技法―東大寺・不空羂索観音立像
華麗なる忿怒の神々―東大寺・執金剛神立像、戒壇院四天王立像
宇宙に拡がる光の根源―唐招提寺・盧舎那仏坐像
瞼のうちに魂の輝きを秘める―唐招提寺・鑑真坐像
圧倒的な神秘の力にふれる―新薬師寺・薬師如来坐像 十二神将立像
天平と鎌倉、時代を超えた仏師の合作―秋篠寺・伎芸天立像
美貌の皇后が蓮池を歩みゆく―法華寺・十一面観音立像
光と仏にみちびかれて極楽浄土へ―浄瑠璃寺・九体阿弥陀如来坐像
青年運慶が追い求めた生命感―円成寺・大日如来坐像

著者等紹介

山崎隆之[ヤマザキタカユキ]
1942年、東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。同大学附属古美術研究施設勤務を経て、愛知県立芸術大学へ。現在、同大学名誉教授。奈良大学、京都造形芸術大学非常勤講師。専門は日本彫刻技法史、保存修復技術(仏像)。文化財保存修復学会(諮問委員)に所属

小川光三[オガワコウゾウ]
1928年奈良県生まれ。日本画、洋画などを学んだ後、父小川晴暢のあとを受けて文化財・美術出版の専門社飛鳥園を継ぐ。同社社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。