星空をつくる機械―プラネタリウム100年史

個数:
電子版価格
¥2,640
  • 電書あり

星空をつくる機械―プラネタリウム100年史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784044007355
  • NDC分類 440.76
  • Cコード C0044

出版社内容情報

輝く星空を機械によって再現する──。そんな人類の夢をかなえる近代プラネタリウム第1号が、1923年10月、ドイツで生まれた。「宇宙への扉」をすべての人に開いたプラネタリウムの世紀、その知られざる物語とは? プラネタリウムの仕組みと歴史を第一人者がときあかす決定版。

内容説明

『宇宙への扉』をすべての人に開いたプラネタリウムの世紀、1923年の奇跡が生んだ知られざる物語。

目次

第1章 天球儀の歴史―プラネタリウム前史(1)
第2章 天体運行儀の歴史―プラネタリウム前史(2)
第3章 近代プラネタリウムの誕生
第4章 世界へ広がるプラネタリウム
第5章 国産プラネタリウムの誕生と発展
第6章 日本のプラネタリウムの歩み

著者等紹介

井上毅[イノウエタケシ]
1969年、兵庫県姫路市生まれ。名古屋大学理学部卒業、名古屋大学大学院理学研究科修了。旭高原自然活用村協会を経て、97年より明石市立天文科学館学芸員、2017年より館長。天文普及に携わり、「世界天文年2009」日本委員会企画委員、金環日食限界線研究会代表、日本プラネタリウム協議会「プラネタリウム100周年記念事業」実行委員長、軌道星隊シゴセンジャーの悪役・ブラック星博士(のマネージャー)などを務める。天文普及への貢献により、小惑星10616は「Inouetakwshi」と命名された。山口大学時間研究所客員教授。専門は、天文教育、時の文化史、プラネタリウムの歴史など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きみたけ

54
個人的にはとても満足しました。プラネタリウムの機械そのものに焦点を当てた異色の一冊。著者は明石市立天文科学館館長の井上毅氏。「天球儀」と「天体運行儀」の歴史、近代プラネタリウムが誕生したときの様子、世界に広がるプラネタリウム、日本におけるプラネタリウムの発展など記載。高校の時のクラブが理科研究部地学班で、文化祭で手作りプラネタリウムを使って星空案内したのは良い思い出です。本に出てきたおもしろナレーションの「星の兄さん」、琵琶湖のホテルに併設のプラネタリウムで聞いて大爆笑してました。また聞きたいな〜😆2023/12/22

ときわ

7
プラネタリウム100年史って、近代プラネタリウムが出来て100年だから。100年しか経ってないことに驚いた。でも古代から天文学はあり天体運航を表現する機械を作ってきた。医学や時計も一緒になって。近代プラネタリウムを多くの人が考案しそれを提供しあって進化。戦争時は推し進めたりとん挫したり。ドイツのツァイス社が戦後東西に分けられソ連とアメリカが支配、でも東西統一後また合併できた事に感動した。日本でも多くの人たちが天文学とプラネタリウム普及に努力。星空を身近に見たいという希望を叶えるためだ。わくわくして読んだ。2023/11/24

インテリ金ちゃん

2
国産プラネタリウムの開発は興味深かった。「熟睡プラ寝たリウム」には爆笑。確かに空調が効き蚊のいない環境で星を見ながら寝るのは最高の体験。2024/01/21

Kuliyama

1
子どもの頃、渋谷の五島プラネタリウムの星の会に入って通っていたことを思い出して手にしました。現在は日本に多くのプラネタリウムが設定されていることが分かり良かったです。ただ4章から6章で日本のプラネタリウムについて重複した記述が気になりました。2024/02/27

きつねうどん

1
子供のころ明石にあるプラネタリウムに通った身としては、最初から最後まで興味深く読めた。当時はてっきり「日本に4台しかない」と信じ込んでいたのだが、各地にいろいろあったということを本書で初めて知った。他にもツァイスの分離と統合など蘊蓄も交えながら語られており大変面白い。町田のデジスターは見学に行った記憶が。しかし惑星表示のためにケプラー方程式を機械的に解く仕組みが実装されているとは知らなかった。天球の表示に正多面体が欠かせないことを考えるに、この装置はケプラーの夢を実現する機械なのかも知れない。2024/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21567925
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。