角川文庫<br> 宇宙皇子(うつのみこ)〈2〉

  • ポイントキャンペーン

角川文庫
宇宙皇子(うつのみこ)〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 342p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041653067
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

〈過去・現在・未来にわたるすべての時を包み込んだ宇宙の実現は…〉角を持って生まれ、金剛山中で修行を積む宇宙皇子は、自分の出生についての悩みに加え、支配者と被支配者の生活の格差の理不尽さに苦悩し始める。一方、厳しい修行は皇子に、潜在霊力を引き出しはじめた。宮廷の権力闘争に巻き込まれた大津皇子の悲劇、佐保媛の新しい生き方…。感動の異次元歴史ロマン第2巻は、さらに華麗に展開!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ろびん

4
さて導入は終わったぞ、という感じ。2018/08/22

かず

4
宇宙皇子の一人旅で全てのものが小宇宙であることを知り、霊力を使えるようになっていく。浄御原の唯一の理解者である大津皇子は諮られ失脚してしまう。今後どんな展開を見せるのか。遊鬼たちの今後の活躍はいかに?2014/03/18

ゆう

3
1人旅にで出て成長した皇子を待ち受けていたのは一番信頼していた大津皇子の死。それも病気や事故でなく親しい人間の裏切りによるものだった。『たとえ裏切られても、裏切る者になるのではないぞ』という大津皇子のことばが悲しく響く。それにしても庶民に慕われる者を脅威と感じた皇后のような人がうちの職場には多すぎる。2012/07/26

黒蜜

2
面白かったです。歴史の出来事だからしてしょうがないのでしょうが、大津皇子の死は物語的には早すぎる気がします。2015/12/03

ならりくらり

2
若さの暴走する未成熟な正義感。青臭さも含めて懐かしい。世の中に対して憤る気持ちはまだ消えてないつもりだったけれど、どこかあきらめも身につけてきちゃったなぁ。2009/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/453304

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。