角川文庫<br> 急行奥只見殺人事件

  • ポイントキャンペーン

角川文庫
急行奥只見殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 289p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784041527269
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

只見線は、上越線の小出駅から、会津若松までを走るが、急行「奥只見」は、浦佐から出発し、小出を経て、会津若松まで行く。その浦佐で27歳になる男が殺された。一方、会津若松の鶴ヶ城では、東京で宝石商を営む男の死体が発見された。彼には再婚したばかりの若い美人妻が。また浦佐と会津若松の間の奥只見郷でも、男の水死体があがった。只見線で何かが起きている!?捜査にのりだした十津川警部の前に、地元警察の厚い壁が…。トレイン・ミステリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

エヌ氏の部屋でノックの音が・・・

0
平成 元年 4月25日 初版2015/12/20

ひだまりさん

0
1237冊目。只見線に沿って起こる、不可解な連続殺人事件。その背景には、社会的に成功した、優れた男たちの苦悩と悲しみが渦巻いていたのだった。会津を舞台に繰り広げられる、刑事たちの犯人追跡、そして犯人確保、女には理解できぬだろう男たちの哀愁…。なかなかベタな刑事ものが好きな人は楽しめるかもだけど、私は殺人事件といえば『乱歩』派なので、これは仕方のない好みの問題なのでムニャムニャ~(笑) 2019/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/156417

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。