角川文庫<br> 招かれざる客

角川文庫
招かれざる客

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 338p
  • 商品コード 9784041306031
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

東森久利斗

2
やや気負いが見られ、詰込み過ぎの感もあるが、血気盛んな意欲に溢れたデビュー作であればそれも止む無しか。この後、巨匠への階段を一歩一歩昇っていくことになる著者の只ならぬポテンシャルを感じ、やはり並みの作家とは違うということを痛感。2018/03/20

tomo6980

0
前半は証言や調書のみなので、見えなかった容姿や言葉遣いが後半に見えてくることでこちらの思い込みをひっくり返す構成がPマクの「迷路」みたいだが、あちらの翻訳は2000年か(書かれたのは1931年)。作者にしてはオーソドックスと言うかケレン味のないというかどんでんを返さないという「謎が解ける」小説だった2018/01/01

wm_09

0
「凶器消失」「アリバイ崩し」「動機崩し」それらのトリックを一つずつ明かしていくことで、圏外の犯人を引きずり出す。トリックはどれも良い意味でも悪い意味でも新本格的、おもしろく読めた。犯人の憎らしさが超現代級なので、犯行が見破られた瞬間は快哉を叫ぶこと必至である。(ローウェル嬢)2010/02/12

schizophonic

0
幾重にも仕掛けられたトラップをかいくぐって真相へと達する。トリックとプロットが有機的に結合した構図が美しい。人生を狂わせていく関係者たちの姿が深く印象に残る。2009/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/496772

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。