• ポイントキャンペーン

朝日選書
納得して治療を受けるためのがんとの闘い方―最新治療情報と活用法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022598325
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0347

内容説明

「秒進分歩」ともいわれるがん医学の急速な進歩により、がん治療をめぐる「常識」はいま、劇的なペースで書き換えられ続けている。分子レベルでの研究の進展、グローバル化の進行、EBM(科学的根拠に基づく治療)やセカンド・オピニオンの普及により、患者や家族には、以前は考えられなかったような情報や選択肢が与えられている。しかし選択肢の多さは、「このがんとどう闘ったらいいのか」という患者の判断を、非常に難しいものにしていることも確かだ。あふれる情報と選択肢の中で、どのような治療法を、どのように「納得」して「選択」するか―自らも近親者のがん死をみとった医療ジャーナリストが、最新治療情報をもとに考察する、新時代の「がん患者学」。

目次

第1章 納得して治療を受けるということ(がん医療の進歩と患者をとりまく現実;がんという病気の特殊性―増えた選択肢)
第2章 がんと向き合うための基礎知識(病名を知る・伝えることについて;インフォームド・コンセントとセカンド・オピニオン ほか)
第3章 がん治療最前線(化学療法の進歩;外科手術や放射線療法などの進歩;より長い命と苦痛の緩和;よりよい治療に向けて)
付録 がん素朴な疑問集(がんとは、そもそもどんな病気なんでしょうか。他の病気とどこが違うんですか。;「正常」な細胞とがん細胞の違いは?また、それをどう見分けるんですか。 ほか)

著者等紹介

祢津加奈子[ネツカナコ]
医療ジャーナリスト。東京都出身。慶応義塾大学卒。考古学の発掘やイギリス遊学を経て、医療分野の執筆を始める。がん治療や遺伝子研究などの最先端医学を中心に執筆
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

地方大学生

0
医師ではなく医療ジャーナリストが書いた本。だからこそ、情報がわかりやすくまとまっており、かつ客観性を得ている。ガンの治療現状を把握するのには適した1冊。医学知識のない方でも、理解できるレベルで書かれているのも尚良い。2013/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2348754

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。