岩波新書<br> 西田幾多郎―生きることと哲学

個数:

岩波新書
西田幾多郎―生きることと哲学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004310662
  • NDC分類 121.6
  • Cコード C0210

内容説明

「私はいつまでも一介の坑夫である」。思考の鉱脈を探して、ひたすら「自ら思索する」ことを、そして「真に生きる」とは何かを追い求めた西田幾多郎。既存の枠組みを徹底して問い直すその哲学は、今なお国内外で新たな思考を啓発し続けている。―西田自身の言葉に「生の脈動」を読みとりつつ、その思索の軌跡へと読者を導く案内の書。

目次

序章 生きることと哲学
第1章 西田幾多郎という人―悲哀を貫く意志
第2章 根源に向かって―純粋経験
第3章 生命の表現―芸術
第4章 論理化をめざして―場所
第5章 批判を超えて―世界と歴史
第6章 具体性の思索―行為と身体
第7章 真の自己へ―宗教
第8章 東洋と西洋のはざま―新たな創造に向かって
終章 西田哲学の位置と可能性

著者等紹介

藤田正勝[フジタマサカツ]
1949年三重県に生まれる。1978年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。1982年ドイツ・ボーフム大学大学院ドクター・コース修了。専攻は、哲学、日本哲学史。京都大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。