岩波新書
ラグビー・ロマン―岡仁詩とリベラル水脈

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 231p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004310372
  • NDC分類 783.48
  • Cコード C0275

内容説明

ラグビーは走る格闘技である。岡仁詩(一九二九年生)は太平洋戦争の真っ只中にラグビーと出会い魅せられた。のち選手として、監督として斬新な戦法をあみ出し、同志社大学をラグビー界のトップに導き、多くの指導者を育てた。日本の体育界に稀有なリベラル・ラガーマンの足跡を辿りつつ、アマチュアスポーツの原点を探る。

目次

序章 埋み火
第1章 天中
第2章 源流
第3章 突進
第4章 接戦
第5章 転機
第6章 雪辱
第7章 再会
第8章 奔放
第9章 歳月

著者等紹介

後藤正治[ゴトウマサハル]
1946年京都市に生まれる。1972年京都大学農学部卒業。ノンフィクション作家。著書に『遠いリング』(講談社ノンフィクション賞受賞)『リターンマッチ』(大宅壮一ノンフィクション賞受賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。