岩波新書
メルヘンの知恵―ただの人として生きる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 194p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004308829
  • NDC分類 909.3
  • Cコード C0298

内容説明

アンデルセンの描いた「はだかの王様」とは、実は私たち自身のことではないだろうか。グリム童話の「死神」の物語は、誰もが抱く死への不安を克服させてくれるのではないか。子ども向けとされがちなメルヘンの中から四作品を選び、そのストーリーに、現代を真摯に生きようとする人びとへの思いがけぬ示唆や限りない励ましを読みとる。

目次

1 “ただの人”として生きる―アンデルセン『皇帝の新しい着物』を読む(皇帝の“新しい着物”;ペテン師のはた織たち ほか)
2 “ただの人”と“英雄”とのあいだ―グリム童話『いさましいちびの仕立屋』を読む(ある夏のあさ;偉大な自己発見 ほか)
3 “別の自分”と出会う―グリム童話『ふたりの兄弟』を読む(二組のふたり兄弟;森の中の出会いと別れ ほか)
4 生と死を考える―グリム童話『死神の名づけ親』を読む(現代人にとって死とは何か;死神との出会い ほか)

著者等紹介

宮田光雄[ミヤタミツオ]
1928年高知県に生まれる。1951年東京大学法学部卒業。1960‐62年西ドイツに留学。専攻は政治学、ヨーロッパ思想史。現在、東北大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「はだかの王様」とは私たち自身のことではないか.「死神」の物語は,私たちに死への不安を克服させてくれるのではないか.アンデルセン,グリムの童話の中に,現代人への思いがけぬ示唆や限りない励ましを読みとる.