岩波新書
龍の棲む日本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 232p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784004308317
  • NDC分類 210.4
  • Cコード C0221

内容説明

中世日本には龍が棲んでいた。人々は、地震・噴火は地底にわだかまる龍の鳴動であり、また神々は元寇の折、龍の形をとって日本の国土を守護したと信じた。龍とは何か。日本の国土とは何か。なぜ地中の龍はやがて鯰へと変容したのか。古地図に書き込まれた謎の姿を出発点に、絵画史料解読の第一人者による探索は、斬新な中世像へと向かう。

目次

プロローグ “国土”と“日本図”と龍
1 行基式“日本図”とは何か
2 金沢文庫本“日本図”と蒙古襲来
3 龍体の神々と国土守護
4 龍が棲む中世“日本”
5 大龍と地震と要石
エピローグ 龍から大鯰へ

出版社内容情報

中世日本の人々にとって龍は,地底に棲む異形の生き物であり,国土を守護する神々でもあった.龍とは何か.日本の国土とは何か.古地図に描かれた龍の姿を出発点に,絵画史料解読の第一人者による謎解きがはじまる.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件