岩波文庫<br> 武道初心集

岩波文庫
武道初心集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003302910
  • NDC分類 156.4
  • Cコード C0112

出版社内容情報

江戸時代中期の兵法家で諸藩を遊説して軍学を講じた大道寺友山(1639‐1730)晩年の著作.「初心の武士心得のため」として書かれたもので,武士道の入門書として広く読まれた.56か条からなる原著の伝写本と,44か条に縮められた松代版とよばれる板本とが伝えられている.両本を収め,解題で両者の関係について詳説した.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

y

0
武士道について調べていたので読みました。2012/10/06

滅紫

0
昭和20年9月10日印刷と書いてあるのを持っています。原本はいつかというと、天保5年甲牛十一月刻成 (芝神明前 東都書林 和泉屋吉兵衛)天保5年(1834年)ですから、京都で大地震や大阪で大塩平八郎の乱などが起きてくる不安定な時代。ちなみに天保5年といえば、近藤勇のうまれた年。葛飾北斎の最大のライバル浮世絵師である歌川広重が37歳。本の出だしを書いてみると、「武士たらんものは正月元日の朝雑煮の餅を祝ふとて箸を取初るより其年の大晦日の夕に至る迄日々夜々を常に心にあつるを以本意の第一とは仕るにて候。」

sakamoto

0
実は出版社も編集も違う版を読んだのだが、絶版でリストにない。とりあえず代用。普通のことが書いてあった。…これを普通と考える私が異常な可能性はある。2010/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/85350

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。