岩波文庫<br> 宮沢賢治詩集 (改版)

個数:
電子版価格 ¥891
  • 電書あり

岩波文庫
宮沢賢治詩集 (改版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月04日 19時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 363p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003107614
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0192

出版社内容情報

野や山を友とする自然体験,法華経に傾倒した宗教体験,貧しい東北農民を眼前にみる社会体験の三位一体の上に発想・表現される宮沢賢治(一八九六‐一九三三)の独特の魅力に満ちた詩群から一四六篇を収録.一瞬一瞬心に映るものの中に万象の永遠の姿をみるという賢治の世界は,今日ますますその不思議な輝きを増し,読者をとらえてはなさない.

内容説明

野や山を友とする自然体験、法華経に傾倒した宗教体験、貧しい東北農民を眼前にみる社会体験の三位一体の上に発想・表現される宮沢賢治(1896‐1933)独得の魅力に満ちた詩群から146篇を収録。一瞬一瞬心に映るものの中に万象の永遠の姿をみるという賢治の世界は、今日ますますその不思議な輝きを増し、読者をとらえてはなさない。

目次

春と修羅
東京
文語詩稿
肺炎詩篇
手帳より
歌曲

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

121
『永訣の朝』には苦い記憶がある。中学時代、先生がこの詩を朗読している際、あちこちでクスクス笑い始めた。先生は涙声で「嘆かわしい」と一言残して授業を中断し、出て行ってしまった。詩にも先生にも大変失礼なことをした僕らを誰も阻止できなかった。妹の臨終というこの詩の深い哀しみの光景に今なら涙するのに、罪悪感のほうが胸にチクチク刺さって痛い。詩集全体通して旧仮名遣いで、自然を客観的に描写しながら宗教的要素も盛り込まれ、内容はとても奥深い。宮沢賢治の生き様を知ってから読むと見えてくる思想があって少しわかりやすくなる。2013/09/25

さっとる◎

35
「わたくしといふ現象は/仮定された有機交流電灯の/ひとつの青い照明です」ー序のこの冒頭に引き込まれ、読んでみるも理解が追い付かずほぼ積みっぱなしに(-""-;)銀河鉄道の夜を読み終わってからの再挑戦、驚くほど読み進むことができた。相変わらず理解は正直さっぱりだけど、一生かけて何度も読み返したい1冊になりました(*^^*)「すべてがわたくしの中のみんなであるやうに/みんなのおのおののなかのすべてですから」賢治の慈愛に満ちた眼差しが、人を自然を弱者を、すべてを、優しく青く照らす。2016/03/14

ゆか

26
「銀河鉄道の父」を読んだあとだったので、その時の様子を思い浮かべながら、読みました。「春と修羅」などは、まさに背景を知ってから読むことができよかった。妹のことも、以前見たお芝居と、「銀河鉄道の父」で知ってから詩を読むとぐっときてしまいます 。ただもっと若い時に読みたかったです。難解で、なかなか頭に馴染んでいかず、自分の衰えに愕然とする読書でした。宮沢賢治がストイックなイメージだったので、本を読み、彼の素顔がわかり、そうしてまた改めて詩を読むと、今までの自分の感じ方に変化もでて面白かったです。2018/12/26

ハチアカデミー

17
賢治は甘くない。厳しい人である。しかし他者を罵倒する言葉を使わぬ代わりに、その厳しさは己に反動する。自然は人間がどうこうする対象ではなく、絶対的なものとして見る。その所作もまた、受け入れざるを得ないものであることを知る。その地平からかかれた数多の詩作は、中央の文壇なるものとは無関係に独特の世界観を形作っている。「春と修羅」の冒頭、「私という現象は…」から始まる本書は、童話の賢治から感じることはできない面を見せてくれる。個人的には「春と修羅 三」の作品群が好み。ほか、「産業組合青年会」も強く印象に残る。2013/10/16

くまさん

16
 苹果、雲雀、芝草、蠕虫、腐植土、稲妻萱穂、石英安山岩、劫風、乱積雲、えぞにふの花、マグノリアの花、Ora Orade Shitori egumo・・・。具体的な自然との接触と、はてしないイメージの飛翔の連鎖にただただ驚く。「自我という現象」はひとつの青い照明となって空にみじんにちらばる。「まことのことば」、生の真実はどこにあるのか。「億の巨匠が並んでうまれ/しかも互に相犯さない/明るい世界はかならず来る」こと、雪やみぞれや陽光が「聖い資糧をもたらす」ことを「すべてのさいわいをかけて」私も願う。2018/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/470361

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。